漢方の「五性」を知って病気知らずになろう!

五性

体を温める食べ物と体を冷やす食べものを漢方であらわしたのが、五性(ごしょう)。
東洋医学では、これらを食生活に上手に組み合わせれば、病気を予防できるとされています。

漢方の五性を知って病気知らずになりましょう。


Ads by Google

食べ物は5つに分けられる

五性(ごしょう)は予防医学に基づいている

五性(ごしょう)は、食材が体内に入った時の寒熱性を表したものです。
四気や四性ともいわれますが、寒にも熱にも属さない性質もあることから、5つに分けられています。
五性

四季の変化や体の状態にあわせた食べ物を選ぶことで、健康を保ち、病気を予防するという「食医同源」を持つ中国医学の考え方です。

五性の特徴と食材

性質 主な食材
寒性 あさり、昆布、塩、大根、バナナ、柿、なす、ゴーヤ、わかめ、メロン
涼性 きゅうり、セロリ、トマト、白菜、ほうれん草、緑茶、すいか、そば、梨
平性 黒ごま、長芋、大豆、コーン、じゃがいも、にんじん、さつまいも、しいたけ、いちご
温性 あじ、いわし、くるみ、にら、菜の花、にんにく、ピーマン、鶏肉、ライチ
熱性 シナモン、山椒、胡椒、唐辛子

消炎作用を持つ「寒性」

体の熱を冷ます役割をする食べ物のことで、鎮静や消炎作用、デトックス作用を持つとされています。

夏の暑い時期に水分補給として取り入れるべき食材ですが、冬や冷え症の人は食べ過ぎや摂取方法に注意が必要です。

デトックス作用を持つ「涼性」

寒性と似ていますが、寒性ほど体冷やす作用の強くないものを「涼性」といいます。

のぼせた症状やむくみ、デトックス作用がある食材です。便秘の解消にもなります。

温和な性質を持つ「平性」

熱性と寒性どちらにも属さない、穏やかな性質をもつ食材を「平性」といいます。

滋養強壮効果がある食材が多く、日常的に摂取してよいとされています。

貧血や冷え症に良い「温性」

「温性」の食材は血液の流れをよくして、新陳代謝を高めます。

貧血や冷え症、疲れやすい、といった症状には温性の食材が効果的です。

血行促進する「熱性」

温性よりも強い作用を持っているのが「熱性」です。

血行促進し、冷え症を改善します。ただ、熱性の食材は食べ過ぎると吹き出物がでやすい傾向にあるものが多いので注意しましょう。

いかがでしたか?

五性の考え方は、季節にあった旬の食材をできるだけ取り入れるようにする、ということから「四季」=「四気」とも言われます。旬の食材と体の調子にあわせた食事を心がけたいですね(´∀`)



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索