痩せる細胞・褐色脂肪細胞を活性化する方法

褐色細胞

最近話題のゲッタマン体操や肩甲骨ダイエットが痩せる理由は、褐色脂肪細胞の活性化をしているから。
ダイエッターにはもうすでにお馴染みのキーワードかもしれません。

褐色脂肪細胞は減ることはあっても増えることはありません!

今回は、痩せ細胞・褐色脂肪細胞を活性化する方法についてご紹介します(´∀`)


Ads by Google

ダイエットの味方!褐色脂肪細胞

褐色脂肪細胞は限られた場所にしかない

褐色脂肪細胞は体内に蓄積された余分な脂肪を熱に変え、体外に放出する、いわるゆる痩せ細胞のこと。体温を上げ、保持する役割も持っています。

つまり、褐色脂肪燃焼を活性化するのが痩せるコツなんです!

褐色脂肪細胞は、首・肩甲骨・脇の下・腎臓付近と、限られた場所にしかありません。
褐色脂肪細胞

褐色脂肪細胞は増えることはない

褐色脂肪細胞は新生児が最も多く、加齢と共に減少します。褐色脂肪細胞を増やす、ということは10代くらいまでしかできないんだとか。
無理なダイエットや体の冷えは、褐色脂肪細胞を減らす原因に。

でも褐色細胞が活発すぎると満腹感を得られないんだそう(´・ω・`)

褐色脂肪細胞を活性化する方法

ヒートショックプロテインを利用する

体に熱を与えると、ヒートショックプロテイン(HSP)が増えます。これが褐色脂肪細胞の活性化に有効。
熱めのシャワーを肩甲骨付近に30秒程かけたり、温かいお湯と水を交互に浴びる、温水法が効果的です。

毎日ストレッチを行う

ストレッチといっても難しいことをするわけではなく、肩を回すだけでもOK。
常に褐色脂肪細胞を刺激することを意識してみてください。

姿勢を正しくする

姿勢が悪くなると肩が前方に丸くなり、血行が悪くなります。肩甲骨付近も固まり、褐色脂肪細胞がうまく働いてくれません。
反対にいえば、正しい姿勢にするだけで、褐色脂肪細胞が活性化し痩せ体質になるということです!

冷え症を改善する

低体温や冷え症は、体の不調をもたらすだけではなく、褐色脂肪細胞の働きを鈍くします。体を温める食事や、普段から冷やさない工夫をして、褐色脂肪細胞を活性化しましょう!

いかがでしたか?

食事にカプサイシンを含む唐辛子やキムチをプラスするのも、ひとつの手。増えない褐色脂肪細胞を減らさないためにも、まずは毎日肩を回しましょう(´∀`)


Ads by Google




こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索