隠れ肥満増加中!メッツを意識してたるまない体を作る方法

メッツ・代謝当量

痩せたいけど運動はしたくない・・・、ダイエットが続かない、そんな人は普段の生活で「METs(メッツ)」を意識してみてください。
メッツを意識すれば、日々の生活を少し変えただけで、太らない体を手に入れることも不可能ではありません!

今回は、いつもの動きをちょっと変えるだけ!代謝当量・METsについてご紹介します(´∀`)


Ads by Google

普段の生活で痩せられる!メッツとは?

代謝当量=METs

メッツは「Metabolic equivalents」の略です。これは”代謝当量”を表しています。
代謝当量とは、なにか活動をした際に、なにもしない時の何倍のカロリーを代謝するのか、ということ。
リラックスして座っている状態を基本の1メッツとしています。

メッツの目安

活動 メッツ
睡眠 0.9
リラックスして座っている 1.0
座ってデスクワーク 1.5
入浴 1.5~2
立って料理 2.5
散歩 2.5
ストレッチ 2.5
掃除 3.5
自転車 4
ラジオ体操 4.5
ランニング 8

普段の過ごし方で活動量が変わる

メッツに自分の体重と活動した時間をかけて、それに1.05倍すると、消費カロリーになります。

メッツ

全く運動をしない人でも、日々家事や掃除・入浴など、こまめに動いている人と、ただテレビの前にずっと座っている人では、大きく消費カロリーに差が出てきます。

隠れ肥満は将来たるんだ体が予想される

極端な食事制限や、偏った栄養でのダイエットを行っていると、どんどん筋肉量が低下していきます。
一見やせては見えるのに、体脂肪率が30%以上もある「隠れ肥満」が若い女性に増えているそうです。

筋肉がなく、脂肪率が高いということは、加齢と共にどんどんお肉がたるんできます。脂肪を燃焼するのは筋肉です。たるむ前に対策をしましょう!

それでも運動はイヤ!という人に

1日1時間で6キロ痩せも可能!

例えば食事の後、ソファに向かってテレビを1時間みるのと、掃除などを1時間行うのでは、1ヶ月にして5,000キロカロリーも消費量が違ってきます。
1年にして6万カロリー!

1gの脂肪を燃焼する熱量は9Kcalなので、なんと1年間で約6700g、体重にして約6.7キロも差が出るんです!

無理な運動をしなくても、1日1時間だけそれまで1週間に1回だった掃除をこまめにしてみたり、立って料理をしてみたり、と変えてみることが大切です。

メッツ差

いかがでしたか?

このメッツを意識した生活は、ぼーっとテレビを見ている時など、無意識のうちに食べてしまっているお菓子や「なんとなく食べたい」といった欲求を防いでくれます。まずは行動!をすることが大切ですね(´∀`)



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索