それは実は守りかも?!「攻めの美容」の種類と方法

攻めの美容

攻めの美容・守りの美容とはよく耳にしますが、具体的にはどれが攻めでどれが守りか考えてない・・・なんてことはありませんか?
攻めてる!と思っていても実は守りの美容かも・・・。

今回は、攻めの美容・スキンケアの種類と方法についてご紹介します(´∀`)


Ads by Google

攻めと守りうまく使い分けて!

守りのスキンケア

「守りの美容」は、肌の老化させる敵から守り、健やかな肌を保つためのケア。
「攻めの美容」は、積極的に敵に立ち向かい、今ある肌を変えていこうとするケアです。

また、女性は生理周期にあわせてホルモンリズムも変動します。このリズムに合わせた「攻め」と「守り」をすることが大切です。

攻めの美容

コラーゲンを増やす化粧品

肌のハリやシワを改善するには、肌の真皮に存在するコラーゲンを増やすことが重要。コラーゲン入りの化粧品よりは、コラーゲンを増やす成分の入った化粧品を選ぶと◎

ナイアシン(ビタミンB3)や、レチノール(ビタミンA)といった成分は、真皮の線維芽細胞の働きを活性化させ、コラーゲンの生成を促進します。

コラーゲン

美白化粧品

過剰に発生したメラニンをおさえる美白化粧品は攻めの美容。ビタミンC誘導体や、ハイドロキノン、トラネキサム酸などが配合されています。

メラニンを抑える「攻め」を行ったら、メラニンや活性酸素の過剰な発生をふせぐ「守りの美容」、紫外線対策を忘れずに。

ピーリング化粧品

ターンオーバーを高めるピーリングは攻めの美容。古い角質層を取りのぞくことができ、ターンオーバーの乱れを正常に戻します。

自宅でできるピーリングの代表的なものが、「AHA(フルーツ酸)」が配合されている化粧品です。

AHA配合は、ピーリングの中でも比較的お肌への刺激が少ないものですが、生理前などのお肌が敏感になりがちのときには控えたほうがよいでしょう。

ピーリングを行ったあとは乾燥しやすくなるので、守りの美容をしっかりと行いましょう。

いかがでしたか?

「攻めの美容」を行ったあとは、必ず「守りの美容」を行って、敵なし肌をつくりましょう(´∀`)



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索