あなたは大丈夫?アルコール依存症度をチェックしてみよう!

アルコール依存症と言うと、日中から飲み続けてお酒が切れると手が震える・・・そんなイメージがありませんか?

実は、普段まったく飲まなくてもOKな人がアルコール依存症だったりするんです。

女性がとくにかかりやすいアルコール依存症。
あなたは大丈夫ですか?チェックしてみて下さいね。


Ads by Google

アルコール依存症チェック

こんな人は危ない

  • 飲まなければいい人なのに・・・と言われたことがある
  • 飲んでトラブルを起こしたり失敗をしたことがある
  • 二日酔いで仕事や家事をさぼったことがある
  • 飲んで記憶を失うことが多い
  • 酔いが覚めると無性に飲みたくなる
  • 飲みだすとトコトン飲んでしまう
  • 飲まないと眠れない
  • 飲んだ後に後悔する
  • 料理をしながら飲むことがある

普段はまったく飲まなくても平気でも、飲みだすと止まらなくてトコトン飲んでしまう、それはアルコール依存症なんです。

女性は5年くらいの飲酒でアルコール依存症になる人も

男性では、10年〜20年かけてアルコール依存症が発症するケースが多いのですが、女性は5年ほどで発症してしまうケースが多いのです。
女性ホルモンの関係でアルコールの代謝機能が低いのが原因です。

アルコール依存症は進行します

  1. たまに何かの機会に飲む程度
  2. 普段から飲むようになって、お酒に強くなっていく
  3. お酒が無いと物足りなく感じ、ほろ酔い程度では飲んだ気がしない
  4. 【依存症初期】周囲に酒を控えるように注意される。飲まないと寝付けない。アルコールが切れると汗を書いて悪寒がするなど風邪のような症状が出る
  5. 【依存症中期】迎え酒をするようになる。酒が原因の問題が繰り返される。節酒をしようと思ってもできない。
  6. 【依存症後期】幻覚(離脱症状)、肝臓疾患、日常生活が困難になる

だんだんと症状が重くなっていきます・・。怖いですね><

アルコール依存症を治す方法は?

残念ながらありません。
一度アルコール依存症にかかってしまうと、『節酒』ではなくて一切お酒をやめる『断酒』をしないといけないんです。

いかがでしたか?

アルコール依存症の中期以降になると、お酒をひかえることも困難になってしまいます。
適量なら健康にもよいと言われるお酒ですが、アルコール依存症はとくに女性はかかりやすいので、注意して下さいね!

生理前はお酒に酔いやすい!強くなったら女性ホルモンの減少かも



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索