太るもと!「夜食症候群」になっていませんか?

夜食症候群

夕食や夕食以降の間食の摂取カロリーが、1日の4分の1以上を占める場合「夜食症候群」といえます。
夜食症候群は肥満だけでなく、不眠につながることもあり、生活習慣の見直しが必要です。

今回は夜食症候群とその解消法をご紹介します(´∀`)


Ads by Google

夜食症候群て?

「夕食」「夜食」のカロリー摂取量が高い人=夜食症候群

夜の食事や、夕食後の間食(夜食)の摂取カロリーが、1日の4分の1~2分の1になっている場合や、就寝中になにか食べたくなり目を覚ましてしまう人は、「夜食症候群」といわれています。

肥満者の1~2割はこの症候群にあてはまる

アメリカの研究では、肥満者の1~2割はこの夜食症候群で、しかも重度の肥満であることがわかっています。
夜食べ過ぎて、次の日の朝食を抜き、食事の間隔があくことで、さらに太る原因をつくってしまうのです。

夜食症候群は生活習慣病や不眠を招く

夜食症候群は肥満だけでなく、不眠といった不調にもつながります。午前中全く頭が働かない、という人は、夜遅くの食事によって夜間の血糖値が上昇し、睡眠中にインスリンが過剰に分泌され、翌朝には低血糖状態になっている、ということが考えられます。

チェックしてみよう!夜食症候群になっていませんか??

こんな人は夜食症候群かも?!

  • 夜遅くに帰っても必ず夕飯は食べる
  • 夜テレビを観ながら無意識に何かを食べている
  • 夜小腹がすいて冷蔵庫を開けてしまう
  • 飲んだあとはラーメンを食べる

夕飯だけでもしっかりとろう・・・も夜食症候群予備軍

3食の中で、夕飯に重点を置いている人は広い意味での夜食症候群といえます。

夜食症候群の脱却方法

まずは5分間別のことをしよう!

  • お風呂に入って歯を磨く
  • 日記をつける
  • 本を読む
  • ストレッチをする
  • 掃除をする

というように、食べたいと思ったら、5分間だけ別のことをしてみましょう。

どうしても食べたくなったら・・・

食べたい欲求を我慢し、反動でドカ食いしてしまうよりも、上手に夜食を減らしていったほうが◎

  • カロリーが100キロ程度のもの
  • 寝る2時間前には食べ終える
  • 低脂質なものを選ぶ
  • 消化がよいものを選ぶ

といった工夫をしましょう。
消化がいい食べ物は、胃がつらい時のための、胃にやさしい食べ物まとめも参考になると思います!

いかがでしたか?

夜食症候群にならないためには、生活リズムの改善も必要。どうしても夜遅くに食べてしまった日は、次の日の朝食を抜かず、体内時計をリセットしましょう(´∀`)


Ads by Google




こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索