生理周期にあわせたスキンケアで美肌を手に入れる方法

生理周期 スキンケア

どれだけケアしていても、生理前になると吹き出物がでてしまったり・・・ということはありませんか?
肌は生理周期にあわせてコンディションが変化します。スキンケアも生理周期にあわせて、少し変化させることが大切です。

今回は、生理周期にあわせたスキンケアの方法についてご紹介します(´∀`)


Ads by Google

生理周期とお肌の関係

生理周期で肌のコンディションは変わる

生理中の「月経期」、生理後の「卵胞期」、「排卵期」「黄体期」といったように、生理の周期は4つに分けられます。
この4つの時期は、女性ホルモンの関係で肌にも変化があります。生理周期にあったスキンケアを行いましょう。
生理周期

乾燥しやすい月経期

月経期とは生理中のこと。体温が低く、血行が悪くなりがちなため、肌も乾燥しがちです。この時期には、念入りな保湿を心がけましょう。

攻めの美容にもってこいな卵胞期

エストロゲンの働きが活発になるこの時期は、攻めのスキンケアにもってこい。新しいスキンケアに変えてみたり、角質ケアやピーリングなど、スペシャルケアを行うのもこの時期が最も◎です。

排卵期は少しずつ守りのケアにシフトチェンジ

排卵期は、プロゲステロンの分泌が徐々に高まっていく時期です。この時期は肌の内側が乾きやすいので、丁寧な保湿を心がけ、次の黄体期にできやすくなる吹き出物などを予防するケアをしましょう。ビタミンをとったり、顔やデコルテのマッサージで老廃物を流したりするのも効果的です。

守りの美容でトラブルを軽減させたい黄体期

生理前の黄体期は、PMSなどの症状が出やすい時期です。体がむくんだり、肌もオイリーになりがち。過剰なスキンケアはNGです。基本のスキンケアを丁寧に行い、食事も脂っこいものを避け、ビタミンやミネラルを多くとるように心がけましょう。

基礎体温をはかりましょう

自分のホルモンリズムを知る

生理周期は個人差があります。自分のリズムを知るためには、基礎体温をつけることがおすすめです。
基礎体温を付けることで、生理周期に合わせたスキンケアができるということに加え、自分のホルモンリズムを知ることで、PMSの対策などもできるようになります。

正常な基礎体温

基礎体温
低体温と高体温が約2週間ずつ続いて2相に分かれていれば、2つのホルモンが正常に分泌されているということ考えられます。

こんなグラフになったら要注意

基礎体温
高温期がなかったり、低温期が長かったりする場合は、排卵が起こっていなかったり、プロゲステロンの分泌が低下していたりすることが考えられます。

いかがでしたか?

このように生理周期にあわせたお手入れをすることで、肌トラブルが起きても最小限に食い止めることができます。
今日から一歩進んだケアを始めて見てください(´∀`)


Ads by Google




こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索