生理前はお酒に酔いやすい!強くなったら女性ホルモンの減少かも

生理前

生理前は女性ホルモンの関係で、むくんだり便秘になったりしますが、実は普段に比べてお酒に酔いやすいんです。最近強くなってきた、という人は女性ホルモンが減少しているかも?!

今回は、女性ホルモンとお酒の関係についてご紹介します(´∀`)


Ads by Google

エストロゲンとお酒の関係

そもそも酔うって?

アルコールは肝臓でアルコール分解酵素によって分解され排出されます。アルコールの分解力が弱まると、血中に毒性のあるアセトアルデヒドが残りやすくなり、心拍数が上がったり、皮膚が赤くなったり、二日酔いや悪酔いの原因になります。

エストロゲンがアルコール分解酵素を抑制する

女性ホルモンのエストロゲンには、アルコール分解酵素を抑制する働きがあります。生理前は、いったん分泌が減ったエストロゲンが、徐々に増加していく時期。そのため、生理前は、アルコールを分解するのにいつもより時間がかかり、酔いやすいといわれているんです。

エストロゲン

排卵前も酔いやすい!

エストロゲンの分泌は、排卵日前にピークに達します。そのため、排卵前もお酒には酔いやすい状態になるといわれています。

お酒につよくなったはエストロゲンの減少?

最近「お酒につよくなった」は要注意かも?!

閉経後にお酒が強くなる、という人も多いそう。それはエストロゲンの大幅な減少が関係しているといわれています。
エストロゲンは別名「美肌ホルモン」と呼ばれることもあるほど、美容には深く関係しています。お肌のトラブルに悩まされている、お酒に強くなった、という人はエストロゲンが減少しているかも・・・??
イソフラボンなどの、女性ホルモン様作用を持つ食事を取り入れてみてください。

男性よりもアルコール依存になりやすい

女性はホルモンの関係や、心理的ストレス、体格などから、男性よりもアルコール依存になりやすいと言われています。
軽度のアルコール依存は自覚症状も少ないため、気が付きにくいそう。

いかがでしたか?

お酒は眠りを浅くしたり、太る原因にもなります。
生理周期でお酒の飲み方も変えるよりも、日頃からほどほどにするのが良いのかもしれませんね(´∀`)


Ads by Google




こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索