あなたはどのタイプ?「気・血・水」の滞りの特徴とタイプ別漢方薬ダイエット

漢方

ドラッグストアでも、ダイエットや体の不調にあわせた漢方薬が購入できるようになってきました。
漢方薬ってどれを選んだらいいかわからない、という人も多いのでは?

今回は、漢方の基本「気・血・水」の滞りの特徴とタイプ別漢方薬ダイエットをご紹介します。


Ads by Google

気・血・水のバランスを整えると自然と痩せやすい体質に

漢方(東洋医学)では、「気・血・水」を生体維持の3要素とみて、これらが正常に体内を循環することで健康が保たれると考えられています。
「気・血・水」については、東洋医学の基本「気、血、水」で身体バランスを整えるで詳しく説明しています。
血気水

気が滞るとストレス太りに

”気”はエネルギーのこと。気の流れが滞ると陥りやすいのが、「ストレス太り」です。

  • ストレスが多い
  • いかり肩
  • ずん胴
  • がっちり筋肉太り
  • 体重の増減が激しい

といった特徴があります。

血が滞ると血太りに

”血”は血液だけでなく、血液が運ぶ栄養もあらわします。血が滞ると「血太り」体質になります。

  • よく食べる
  • 体重、体脂肪が多い
  • ぽっこり下腹
  • 頭痛・生理痛が重い

といった特徴があります。

水が滞るとむくみ太りに

”水”は体の水分や、リンパ液、胃液・汗・涙など体の水分をあらわします。水が滞ると「むくみ太り」体質になります。

  • 色白
  • あまり食べないのに太る
  • 下半身太り
  • むくみやすい

といった特徴があります。

タイプ別漢方薬

”気”が不足している代謝低下太りには

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

ツムラ 補中益気湯(ほちゅうえっきとう) 24包

胃腸の働きを補い気を巡らす、という意味の補中益気湯(ほちゅうえっきとう)。気が不足して、倦怠感や疲労感が強い人、胃腸が弱っている人にはこの漢方薬がおすすめ。

”血”が滞る食べ過ぎ太りには

大柴胡湯(だいさいことう)

大柴胡湯

体に溜まった余分なものを排出する効果ある大柴胡湯(だいさいことう)。お腹がぽっこりで便秘がちや肩こり頭痛、不眠などの症状がある人にはこの漢方薬がおすすめです。

”水”のバランスが崩れているむくみ太りには

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

防已黄耆湯

動かなくても自然に汗が出る、少し動いただけで止まらない、暑くないのに汗が出るという人はうまく水分をめぐらせることができなくなっているのかも。防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)は”気”を補って”水”を出す作用があります。

いかがでしたか?

最近は「漢方サロン」も登場し、オーダーメイドの漢方薬を処方してくれるそう。漢方もうまくとりいれてダイエットに役立てて下さいね。



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索