正しい糖質コントロールダイエットの方法

糖質オフダイエット

「糖質オフダイエット」という言葉をよく聞きますが、効果があった人と、全く効果がなかったどころか逆に太ってしまった、という人もいるのではないでしょうか。

今回は、間違いやすい糖質オフダイエットの正しい方法をご紹介します(´∀`)


Ads by Google

糖質オフダイエットの勘違いポイント

ケーキやお菓子など甘いものにしか含まれない??

糖質というと、どうしても甘いものに含まれると思ってしまいますが、実はそれだけでなく、ごはんやパン、果物、イモ類にも含まれます。また、野菜でもにんじんやかぼちゃなどには含まれているんです。

糖質をまったくとらなければ痩せる??

糖質が不足すると、エネルギーが不足し、筋肉が燃焼されることに。さらに脳が飢餓状態と判断し、ため込みモードに入ります。代謝が悪くなるどころか、食べたものをすべて吸収してしまうという悪循環に。

糖質を適量とりつつ、満足感を持続させるのがポイント

血糖値
血糖値が急激に上昇すると、インスリンが分泌され、脂肪を溜めこみます。血糖値の上昇は空腹時に起こるので、食事で1日の満足感を持続させることが大切なのです。だからといって、糖質をたくさんとったり、カロリーオーバーをすると結局は太る原因に。
では、どうしたら糖質オフもできてカロリーも控えた食事ができるのでしょうか。

糖質コントロールダイエットの正しい方法

主食の糖質を減らす

主食をまったく食べないというダイエットは、満足感の持続は難しく、ストレスもたまります。満足感をキープさせるために、例えばごはん100gを80gにするなど、主食を20%減らしてみてください。

早食いを防いで血糖値を急激に上げない

早食いは脳に「おなかがいっぱいになった」という指令を出すのに時間がかかります。さらに、早食いは血糖値を上げる大きな原因です。よく噛むことを意識してゆっくり食べましょう。また、主食を雑穀ごはんや、ベーグルに変える、といった工夫をすると、噛み応えUP、カロリーダウン!になりますよ☆

食べる順番を工夫する

野菜や汁物から先に食べましょう。満腹感を得やすいだけでなく、血糖値の急上昇を抑えられます。
詳しくは、食べる順番ダイエットの効果とやり方で説明しています(´∀`)

カロリーが低くても糖質が意外とある食品を知る

カロリーオフと書いてあっても実は糖質はたっぷりだったり・・・ということにならないために、カロリー控え目でも糖質が含まれる食品を知りましょう。例えば、お酒。和菓子も洋菓子よりは脂質は低いのですが糖質は高め。おせんべいも、お米でできているので糖質が含まれます。

かぼちゃ・にんじん・玉ねぎなども糖質が多めの野菜です。とくに煮物にするとお砂糖やお酒などを使って糖質アップ。
和食でヘルシーなイメージがあるかもしれませんが、食べ過ぎには注意しましょう。

いかがでしたか?

少量でも満腹感が得られて、太りにくい食べ方のコツを知って、糖質オフダイエットを成功させましょう(´∀`)



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索