体を老けさせる!低体温の原因と解消方法

低体温

現代の女性は平熱が35度台の人が多いそうです。平均体温は36.5℃といわれていますが、体温が1℃下がると免疫力が30%も下がるんだとか。さらに、「老ける」要因にもなります。

今回は、低体温が体を老けさせる理由についてご紹介します(´∀`)


Ads by Google

低体温は何度から?  

36℃前半も要注意

日本人の平均体温は、36.5度だそうです。一般的に36℃以下は低体温といわれています。しかし、36度台前半も「体温が低い」といえるので、要注意です。

平熱の測り方

午前10時くらいに測ったときの体温を平熱といいます。(基礎体温とは違います。)体温を測る前に、温かい飲み物を飲んだりすると温度も変化しますので注意してください。

おへその上と下で温度が違ったら要注意!

お腹のおへそから上と下を触ってみて温度が違うと感じれば、冷えている証拠!体温が36℃以上あっても、下腹部が冷えていると、婦人科系の病気が起こりやすくなります。

低体温が体を老けさせる理由

活性酸素が大量発生する

体の温度が低くなると、活性酸素の過剰発生を抑制する酵素の働きが弱くなります。そのため、過剰に発生した活性酸素により、体をサビつかせてしまうのです。

血液をドロドロにする

体温が低いと血流も悪くなります。血流が悪くなると、血液中に老廃物がたまり、血液がドロドロになります。ドロドロ血液は、肌トラブルや薄毛、肥満の原因になります。

免疫力を低下させる

体温が1度下がると免疫力は30%低下すると言われています。がん細胞は体温が35度になると活性化するといわれており、低体温は非常にこわいものなのです。

代謝が下がる

血流が悪くなると老廃物が排出されにくくなり、代謝機能が低下します。どんどんサビついた体に・・・。

低体温の原因と解消法

運動不足、ストレスでも体温が下がる

筋肉量が減ると、熱量も減るため体温が下がります。ダイエットによるミネラル不足や、ストレスによる自律神経の乱れなども低体温の原因です。
また、現代は空調環境が整っているため、体温調節機能が鈍くなっていることも考えられるそうです。

自覚していない人が多い

低体温は冷え症のように、手足などの末端が冷えるという症状ではないため、自覚している人が少ないそうです。最近は女性だけでなく、環境や食生活の変化から、男性や子供にも低体温症が見られるんだとか。

低体温の解消法

体を冷やさないように、外からの対策をするだけでなく、筋肉をつけたり、血流をUPさせたりと、体の中から温めることが大切です。
その他にも、冷え症の改善方法は低体温も解消します。美肌マニアでは、冷え症を改善する食材やサプリをご紹介しています。

いかがでしたか?

低体温は、まさに負のスパイラル・・・(´Д`;)アンチエイジングをするなら、まず自分の平熱を知り、体を冷やさないように心がけることが大切ですね!



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索