妊活に知っておきたい「AMH検査」とは

妊活

妊活をしている女性や、将来妊娠を望む女性にはぜひ知っておいてほしいのが、「AMH検査」です。AMH検査とは卵巣年齢を調べること。年齢=卵巣年齢ではありません!

今回は、妊活に知っておきたい「AMH検査」とは?をご紹介します。


Ads by Google

AMH検査=卵巣年齢検査

卵巣内にどれくらいの卵の数が残っているかの検査

AMHとは抗ミュラー管ホルモンのことで、発育途中の卵胞の周りにある細胞から分泌されているホルモンをさします。このAMHの値を検査することで、卵巣年齢がわかるそうです。ただし、これは妊娠率とは異なります。

年齢=卵巣年齢ではない

若いからといって卵巣年齢が必ずしも比例するとは限らず、反対に年齢が高くても、卵巣年齢は若いこともあるそうです。
まだ妊活は早いな、と思っている人でも、もしかしたら卵巣年齢を調べてみると、いますぐ始めるべき!なんてこともあるかもしれません。

妊娠率は卵子の質が関係

AMHの値が高いほど卵子が多いとされますが、いくら多くても卵子の質が悪ければ妊娠率は低下します。

不妊治療では必ず測定する

不妊治療の現場では、排卵誘発などを行う前に適切な治療選択のため、必ず測定しているんだそう。また、AMH検査は「卵巣の予備能力」を測る検査なので、不妊治療がいつまでできるかの目安になったり、残っている卵子をどう有効活用するかの判断に役立ちます。

AMHの値を改善することはできない

卵子は増えることはないので、AMHの値を上げることはできません。だからこそ、卵巣年齢を下げない生活習慣を送るべき!AMHの値が低くても、卵子の質が悪くなければ妊娠は可能です。

AMH検査の方法と費用

血液検査で測定

月経周期のいつでも検査可能で、血液で測定できます。

保険適用外のため自費診療

自費診療となり、6,000円~10,000円程度が相場のようです。これに診察代などは別途かかります。

卵巣年齢を下げないために

冷え、ストレス、タバコはNG!

卵巣年齢を下げないためには、冷えやストレス、肥満や不眠、タバコなど、アンチエイジングと同様の対策が必要です。

日頃から検診をうける

婦人科の検診を定期的に受け、予防医療に取り組むことが大切です。

ピルの活用など

生理不順は卵巣年齢にも卵子の質にも影響します。ピルは生理周期を正しくしたり、PMSを軽くする効果があります。

いかがでしたか?

妊活への意識が高まり、AMH検査を導入する婦人科も増えているようです。将来設計のために、一度AMH検査を受けてみてはいかがでしょうか?



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索