太っている人が老けて見える3つの理由

太る 老ける

太っている人は実年齢よりも老けて見えがち。その原因を3つあげてみました。
でも、間違ったダイエットも老ける原因になりますよ!


Ads by Google

太っている人が老けて見える3つの理由

「たるみ」が老けて見える

例えば”たるんだアゴ”、”たるんだ二の腕”、下着からはみ出た”背中のぜい肉”・・・など「たるみ」が老けた印象をもたせます。
特に後ろ姿は普段自分ではなかなか見ることができないので、日々意識することが大切です。

酸化を起こしやすいので老ける

体の酸化の原因である活性酸素は、脂質と結びつき、酸化を起こします。また、食べ過ぎると活性酸素が酵素の働きよりも上回ってしまい、余剰活性酸素に変化。これが体の酸化につながります。

酸化はシミやたるみの原因だけでなく、血管や細胞までをも傷つけます。肥満は細胞レベルで老化が起こっているといっても過言ではない?!かもしれません。(´Д`;)

糖化を発生させやすい傾向にある

糖化とは老化物質「AGE」を発生させ、肌のくすみや糖尿病などを起こす原因のこと。糖化を起こす原因として、

  • ほとんど運動をしない
  • 食生活に偏りがある
  • 脂っこいものが好き
  • 加工食品、インスタント食品をよく食べる
  • お酒をたくさん飲む
  • 生活が不規則
  • 喫煙
  • ストレスが多い

などがあげられます。太っている人のライフスタイルは、この項目に当てはまりがち。「糖化=老化」です!

間違ったダイエットは老けます

ホルモンバランスが乱れるといっきに老ける

食べないダイエットは、ホルモンバランスの乱れを起こしたり、骨や脳にも影響を与えます。肌などの見た目が老けるだけでなく、体の中から老化し、不調をきたします。

急激に痩せると老ける?!

短期間で急激に体重を落とすと、これもホルモンバランスが崩れる原因となります。血行不良、新陳代謝の乱れなどから肌のハリがなくなり、いっきに老け顔へ・・・。免疫力が落ち、風邪をひきやすくなったり、貧血気味になったりもします。

いかがでしたか?

太っていても痩せすぎていても、「老け」は起こるんですね。真のアンチエイジングとは、健康な体を維持することなのかもしれませんね(´∀`)



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索