炭水化物をいつ取るかが「太る人」「太らない人」を決める!

炭水化物

無理な食事制限無く健康的に痩せる為には、実は1日の3食の食事の内容がとても重要なのです。

今回はいつどんな食事をすれば太らないのかご紹介したいと思います。


Ads by Google

朝昼夜の食事内容で満腹ダイエット

夜に一番ボリュームのある食事をする方が多いのではないでしょうか?
胃の働きは昼間が一番活発で、夜になると消化機能が著しく低下します。

夜に消化しにくい物を大量に食べると、未消化でのこってしまうだけでなく、夜は寝てしまうためエネルギーの使い道がなく、体に脂肪として蓄積されてしまいます。
1日でバランスの良い食事を心がける為に、

  • 炭水化物
  • タンパク質
  • 繊維質の野菜

の3要素を取るように心がけます。

朝食は炭水化物を中心に

炭水化物は活動のエネルギーになります。1日の始まりに食べる食事には最適です。
さらに炭水化物の消化には6〜8時間かかりますので、朝食べるのか一番効果的です。
朝に炭水化物を取るのがつらい方はフルーツを食べて糖分を取り、炭水化物は昼食に取るのもよいでしょう。

昼食はタンパク質を中心に

肉、魚、玉子などのタンパク質は消化に4時間ほどかかります。
タンパク質はお昼までに食べ終えて、それ以降はなるべく食べないようにしましょう。

夕食は野菜などの繊維質を中心に

夕食はその後寝るだけですので、なるべく胃に未消化の食べ物を残さないようにしましょう。
野菜などの繊維質の食材は2時間で消化できるので、野菜中心の食事をとると良いでしょう。

寝る予定時刻から消化時間を引いた時間までに食べる

23時に寝る予定の方は、野菜などの繊維質の食べ物は21時までには食べましょう。
タンパク質は19時まで、炭水化物は17時までに食べ終えたほうが良いでしょう。

いかがでしたか?

夜に胃の中に食べ物が残っていると、徐々に吸収されて体の脂肪になるだけでなく、胃の中で温められて腐敗が進みます。

腐敗が進むと毒素や臭いの強いガスを出す原因となりますので、夜は消化によいものを食べて胃を空にしてから寝るようにしましょう♪



Ads by Google



サイト内検索