最新のエイジングケア「幹細胞コスメ」とは

幹細胞コスメ

最近「幹細胞」をキーワードにしたスキンケアやコスメをよく耳にします。あらゆる肌トラブルに効果があるということで今後ますます注目されそうですが、そもそも「幹細胞」・「幹細胞コスメ」とはなんなのでしょうか。

今回は幹細胞コスメについて詳しくご紹介します(´∀`)


Ads by Google

幹細胞って?

幹細胞とは

人の体は60兆個の細胞で構成されています。幹細胞とは、その細胞のモトとなる細胞のことです。

幹細胞の種類

幹細胞はさらに

  • 体性幹細胞・・・体の各組織にある幹細胞。
  • ES細胞・・・受精卵から核を取り出して作られる幹細胞。倫理的な問題があるため扱いが難しい。
  • iPS細胞・・・再生医療の分野で最も注目されている細胞。皮膚から取り出した細胞に特定の遺伝子を入れたもので、あらゆる種類の細胞への分化が可能。

に分けられます。

幹細胞の特徴

  1. 多分化機能・・・さまざまな細胞に分化できる能力。
  2. 自己複製能力・・・細胞分裂をしても、さらに自分自身と同じものを作り出すことができる能力。

といった二つの能力を持っています。

皮膚の幹細胞

皮膚には、表皮を生まれ変わらせる「表皮幹細胞」と、新しい線維芽細胞を生み出して、真皮を生まれ変わらせる「真皮幹細胞」が存在します。年齢を重ねると、この二つの幹細胞の再生能力が低下。肌のシワ・たるみ・乾燥などの肌老化は、幹細胞が衰えることも大きな原因であることがわかっています。

線維芽細胞とは

コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの真皮の成分をつくる工場のこと。

幹細胞コスメとは

ターンオーバーで肌が生まれ変わるのは、表皮の幹細胞が細胞を生み出しているから。さらに、肌のハリを保つコラーゲンも、幹細胞が生み出しているものです。つまり、「幹細胞コスメ」とはこの肌本来の悩みにアプローチすることができるコスメのことなんです。

2つの働きに分かれる

今現在、「幹細胞コスメ」と呼ばれるものには、

  • 植物由来幹細胞成分によって、人の体性幹細胞に似たような働きをさせる化粧品
  • 表皮・真皮幹細胞に直接働きかける成分を特徴にした化粧品

の二つに分けられます。

なぜ植物由来なの?

ヒト由来幹細胞成分は安全性や倫理的な問題から、また動物由来の幹細胞成分は安全性と安定供給の問題から化粧品には製品化されていません。植物はどこをとっても幹細胞なので、安定供給ができ、安全性も高いことから、化粧品化されているんです!

幹細胞コスメに使われている成分

植物幹細胞由来の成分

植物幹細胞を由来として化粧品の成分に配合しているコスメは、化粧品メーカーが独自に研究・開発しており、現状”この成分を使ったから「幹細胞コスメ」である”という明確な定義はありません。
※化粧品成分として認可はされています。

など、様々です。

いかがでしたか?

植物幹細胞由来の成分は今後もますます増えるので、要注目ですね!「幹細胞」は、アンチエイジングに興味のある方なら、是非知っておきたいキーワードです(´∀`)


Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索