脱ケミ・ノンケミを成功させるコツ

脱ケミ

脱ケミ・ノンケミとは、ケミカル(化学物質)な化粧品をやめて、自己治癒力を高める方法です。
最近オーガニックコスメもますます流行していて注目を集めています。

将来のお肌のことを考えて、自然派化粧品に移行したい方のために、失敗しない脱ケミのコツをご紹介します☆


Ads by Google

脱ケミはコツを知らないと失敗しやすい?

今までケミカルな化粧品をべったり使っていた人が、突然オーガニックや自然派化粧品、ミネラルファンデーションなどを使っても、カバー力が足りなかったり保湿力が足りなくて、長続きしなかったりします。

ポイントは一気に脱ケミせずに徐々に移行していくことです!

1、クレンジングを見なおす

ハードなメイクも落とせるクレンジングはとても肌に負担がかかります。
スキンケアよりもクレンジングは価格の差=商品の質という方式が当てはまりやすいので、ドラッグストア系よりもお金をかけたほうがおすすめです。

ちなみにこの段階では、オーガニックのクレンジングにする必要はありません。
というのも、メイクがオーガニックやミネラル系でない場合は、オーガニックのクレンジングを使うと落とせない可能性が高く肌荒れの元になってしまうからです。

肌にやさしいのも大切ですが、美肌のためにはきちんと化粧を落とすことが大切です。

2、ベースメイクを見なおす

日常生活で必要ないほどの強力な日焼け止めやUV配合の下地などを使っていませんか?
SPF50もいりません。20程度で十分です。

ファンデーションもべったり塗らずに、肌アラが気になる箇所にはコンシーラーを塗り、ファンデは少しずつ薄めにしていきましょう。
リキッドファンデよりもパウダーファンデの方が肌負担が少ないものが多いです。

ファンデーションのパフはこまめに洗って清潔を心がけて下さいね。
恐怖!洗わないファンデーションパフはトイレの床より汚かった!!

3、スキンケアのアイテム数を徐々に減らしていく

多くの種類のスキンケアを使っている方は、徐々にアイテム数を減らしていきます。

まず減らしたいのは、ブースター・乳液・美容液・アイクリーム。一気に減らすのが怖い場合は、1点ずつ減らして行きましょう。

とくに乳液先行型やブースターを使っている方はやめたほうがいいでしょう。
合成界面活性剤で肌を柔らかくしてその後の浸透力がよくなるような錯覚を起こしているだけで、肌の角質を傷つけています。
その結果、インナードライ肌や化粧品を使わないと浸透しなかったり、洗顔後すぐに保湿しないと潤わなくなるような状態になってしまいます。

4、ノーファンデorミネラルファンデにしていく

下地とお粉で仕上げるノーファンデ。
ニキビができやすかったり肌荒れがしやすい人は、思い切ってノーファンデにすることで肌トラブルが減ってきます。

年齢的にもさすがにノーファンデは厳しい・・と言う方はコンシーラーやミネラルファンデをうまく組み合わせて。
負担を減らして美肌になれる『ノーファンデ』のやり方

5、クレンジングいらずの肌に!

ノーファンデにすると、強力なクレンジングがいらないので、石鹸で落とせたりオーガニックの軽いクレンジングで十分になります。
その結果肌負担がぐっと抑えられるので、さらにファンデーションいらずの肌になっていくんです。

しっかりめのマスカラやアイメイクをしている場合は、ポイントメイククレンジングを使って肌全体の負担を減らして下さい。

6、スキンケアもオーガニックにする

スキンケアのアイテム数を徐々に減らし、ベースメイクを徐々に薄くして肌負担を減らしてきました。
肌トラブルが減ってきたと思いますが、ここでスキンケアやヘアケアもオーガニックにしていきましょう!

とくに変更がおすすめなのは、シャンプー類と保湿クリームです。

いかがでしたか?

脱ケミはいっきにやらずに徐々にやっていくのが、挫折せずに成功するコツです。
肌のターンオーバーには1ヶ月くらいかかりますので、自分の肌の様子を見ながら徐々に移行していって下さいね。

また、オーガニックと名ばかりの製品も多いので、購入前に美肌マニアで成分をチェックして下さいね。


Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索