タマネギ氷の美容健康効果と作り方

たまねぎ氷が血糖値を下げる! おいしい糖尿病レシピ

流行のえのき氷ダイエットにつづき、メタボ予防や高血圧・糖尿病・ダイエットと万能な食べ物として注目されているのが「タマネギ氷」(^O^)
タマネギの成分「ケルセチン」が血管年齢を10歳以上も若返らせるんですって!

今回はタマネギ氷の作り方とその効果についてご紹介します(´∀`)


Ads by Google

タマネギ氷の効果・効能

たまねぎ氷って?

タマネギをピューレ状にし、冷凍庫で凍らせたもの!ピューレ状にすることで、タマネギの「ケルセチン」という成分を吸収・消化しやすくすることができます。
1日たったの2個、いろいろな料理に入れて食べることでダイエットやアンチエイジングになるんです!

ケルセチンとは?

ケルセチンとは、ポリフェノールの1つで、非常に優れた抗酸化力をもつ成分。特に、血中の活性酸素を除去する力が強く、血流を改善したり、血管の保護につながることがわかっています(´∀`)

タマネギ氷の効果・効能

  • 冷え症
  • 肥満予防・解消
  • 糖尿病
  • 便秘
  • 肌荒れ
  • 疲労回復
  • 抗ストレス
  • 骨粗しょう症予防

血管年齢が若返る!

血管は年齢とともに硬くなり老化します。動脈硬化は、血管が硬くもろくなった状態のことですが、血管の老化は血液や酸素、栄養を全身に巡らせることが十分ではなくなるため、動脈硬化だけでなく、メタボリックシンドロームや認知症、お肌のトラブルなどいたるところに影響します。

タマネギ氷を4か月摂取し続けた人たちは、ほぼ全員が血管年齢が10歳~20歳若返ったそうです(^O^)

タマネギ氷の作り方

材料(製氷皿2~3枚分)

  • タマネギ 4~5個(1キロ)
  • 水 200ミリリットル

玉ねぎ氷の作り方

  1. 玉ねぎの皮をむき、芯をとります。
  2. ポリ袋に入れ、破裂を防ぐために入れ口は閉じず、電子レンジ600ワットで20分加熱します。
  3. 水200mlとポリ袋にたまった汁ごとミキサーに入れ、ピューレ状にします。
  4. 製氷皿に入れ、ラップをかけて冷凍します。凍ったら製氷皿から取り出し、袋に入れて保存します。

冷凍庫で2か月程度保存できるそうです(´∀`)

タマネギ氷のレシピ、摂り方

摂り方は簡単!

  • お味噌汁に入れる
  • カレーに入れる
  • 納豆に入れる
  • ドレッシングにする
  • ヨーグルトにいれる

など。加熱して凍らせてることで、玉ネギ臭さが消え、甘味が増すんです(´∀`)

玉ねぎ氷のレシピ

など、タマネギ氷はとっても便利。普段食べているお料理に入れるだけで、おいしさUP・美容効果UPです(^O^)

いかがでしたか?

タマネギを凍らせることによって、整腸作用のあるオリゴ糖が増えるので、ヨーグルトではなかなか便秘が解消しなかった人も、効果てきめんだったとか。さらに、玉ねぎ氷は1週間100円と、とっても経済的☆簡単で長期保存が可能なので、ぜひお試しください(´∀`)


Ads by Google




こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索