ノンシリコンシャンプーについての各社見解まとめ

流行のノンシリコンシャンプー。
ドラッグストアにはノンシリコンシャンプー専用のコーナーもできて、今まで参入していなかった大手まで、ノンシリコンシャンプーに参入してきました。

そこで、今回は各化粧品会社がノンシリコンシャンプーをどのように考えているのかまとめてみました!


Ads by Google

ノンシリコンシャンプーとは?

最初にノンシリコンシャンプーの簡単な説明ですが、
ノンシリコンシャンプーはシリコンが配合されていないシャンプーのこと。

正式名称

シリコンは正式名称はシリコーンオイルといい、成分名ではジメチコンやシクロメチコンと表示されている合成ポリマーの一種です。
主に髪の手触りを良くするために配合されています。

配合されている理由

化粧品などにも配合されていることが多く、その場合シリコーンオイルは撥水性が強く水や汗によって崩れにくいことから、化粧崩れを防止する役割として配合されていたり、ベタツキ感の無い使用感から、感触調整剤として使用されています。

ノンシリコンシャンプーに関する各社見解

LUX(ユニリーバ)

ユニリーバ・ジャパンの開発担当者によると、
シリコーンは、

  • 毛穴を詰まらせない
  • 髪や頭皮に負担を与えない
  • 薄毛の原因にはならない
  • 髪への成分浸透の妨げにはならない(コーティングされない)

ということから、とくに髪のダメージが気になったりからまりが気になる人には、シリコン配合をおすすめしています。
参考:おしえて! シリコーンのホント|@LUX

H&S(P&G)

P&Gの担当者によると

  • シリコンではなくシャンプーやコンディショナーが毛穴に詰まるのが問題
  • H&Sのシリコンは通気性のあるもので、頭皮や髪に蓄積することない

としており、自社製品の安全性をアピールしています。
参考:【シリコンシャンプー】Q2:シリコン入りシャンプーは地肌と髪に悪いの?

パンテーン(P&G)

H&Sではシリコンの安全性をアピールしていますが、同社のパンテーンではノンシリコンシャンプーが新たに販売されました。
読者からの声となっていますが、

  • ふわふわ軽い仕上がりになる
  • ぺちゃんこな髪が根本から立ち上がるように

どっちやねーん\(^o^)/
参考↓
知ってた?シリコンの真実 |キレイ髪Tips|パンテーン
ノンシリコン「アクアピュア」シリーズ|製品情報|パンテーン

レヴール(ジャパンゲートウェイ)

価格の安いノンシリコンシャンプーとしてCMでも有名なレヴールの見解です。

  • シリコンは頭皮や髪をコーティングすると同時に汚れも包み込んでしまいがち
  • 頭皮や髪の不要なシリコンや汚れを落とせるのが、レヴールのノンシリコンシャンプー
  • ノンシリコンだから美髪成分が浸透しやすい

大手とは間逆ですね。
参考:レヴールすっぴん髪

スカルプD(アンファー)

育毛系シャンプーとして有名なスカルプD。
こちらは

  • 石油系界面活性剤、パラベン、フェノキシエタノール、シリコン、合成着色料、合成香料等が頭皮に刺激がある

としています。
参考:商品と髪のFAQ | 薬用スカルプD公式サイト | エイジングケアのアンファー株式会社

その他の会社

資生堂やクラシエなどの大手では、とくにノンシリコンについて触れていないようですね。

いかがでしたか?

毛穴に詰まる・頭皮に刺激がある成分だという会社もある一方、害がまったくないと真逆の主張する会社もあります。
あなたはどれを信じますか?



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索