BBクリームは肌に良いの!?普通のファンデとの違い

BBクリームは、流行から定番になりましたね。
BBクリーム以外にも、BBファンデーションやBBとつく化粧品がいろいろ販売されています。

普通のファンデより肌に優しそうなイメージがあるBBクリーム。
でも本当に肌に良いのでしょうか?


Ads by Google

BBクリームとは

BBクリームのBBとは、Blemish(傷) Balm(軟膏)の略で、傷や欠点を補うクリームという意味を持ちます。

発祥は韓国ではない!?

BBクリーム=韓国のイメージですが、実はドイツのシュラメック社のブレミッシュバルムが発祥です。
ピーリングなどの皮膚科手術の後に、炎症を抑えたり皮膚を保護するために作られたのがBBクリームの始まりです。

その後、医療美容の利用者が多い韓国で流行しました。

BBクリームの意味が変わってきている

元々は、肌を保護する役割のBBクリームでしたが、オールインワン(下地・日焼け止め・ファンデが1本)で手軽なものなら何でもBBと名付けられています。

ですので名前だけで判断するのはやめましょう。

肌にいいの?

成分的には普通のファンデーションと変わらなかったり、それ以上に肌に負担がかかる成分が入っていることがあります。

肌への密着度を高めるために、合成の材料をたっぷり配合していたり、普段の生活では必要のない高SPFの日焼け止めが配合されていたりもします。

クレンジングもしっかりしよう!

BBクリームだからファンデと違って、クレンジングをしなくてもOKなんて思っている人がたまにいますが、肌を痛め、くすませる原因ですのでしっかりクレンジングをしましょう。

もちろん中にはクレンジング不要の表記があるものもありますが、ちゃんと落とせているのか自分の目で見極めて下さいね。

いかがでしたか?

BBクリーム以外にも、ミネラルファンデーションも明確な定義がありません。
発祥元がそうだったからといって、全てが同じポリシーで作られているわけではないんですね。

名前だけに騙されずにしっかり成分を見極めましょう!
美肌マニアでは、現在126個のBBクリームの成分を公開しております。
成分が気になる場合は、こちらからBBクリームの成分をチェックして下さいね!

関連リンク
BBクリーム発祥元、ドイツシュラメック社のブレミッシュバルムはこちらで購入できます。



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索