生理前にニキビができやすい人の特徴と対策方法

生理前ニキビ

生理前にニキビや吹き出物がでてしまうといった人は、ホルモンバランスが乱れているかも?!
生理前のニキビはPMSのひとつの症状にはなりますが、きちんと対策をすれば防ぐことができます。

今回は生理前にニキビができやすい人の特徴と対策方法についてご紹介します☆


Ads by Google

生理前ニキビの特徴と原因

あごやおでこにできやすい

あごにきび

生理前のニキビの特徴は、あごやおでこ、こめかみといった皮膚の薄いところにできる点です。

人によってはニキビ以外にも、シミが濃くなったり、くまができやすい、毛穴が目立つ、湿疹などがでるといった症状が出る人もいます。

これは生理前に分泌される女性ホルモンのひとつ、「プロゲステロン」の影響と言われています。

皮脂量の増加がニキビの原因に

黄体ホルモンであるプロゲステロンは、排卵後から黄体期にかけて分泌量が増加します。
プロゲステロンの分泌により、皮脂量が増加、肌は子宮を守るために老廃物を外に出そうとし、これが生理前ニキビの原因になると言われているんです。

生理周期

生理前のニキビの対策方法

生理前だけのケアはNG!

生理前でもニキビができない人もいます。それはホルモンバランスが整っている、ターンオーバーが正常に働いている、ということ。生理前だけのケアではなく、常日頃のケアを心がけて!

生理周期にあわせた生活習慣を心がける

生理前のニキビには、生理周期にあわせた対策が必要です。生理前は脂っこい食事を控えたり、スキンケアを変えるといった工夫をしましょう。

生理前のスキンケアの方法は「生理周期にあわせたスキンケアで美肌を手に入れる方法」で詳しく紹介しています☆

良質な睡眠・ストレスを溜めない

ホルモンバランスを整えるためには、良質な睡眠とストレスを溜めないことが重要です。食事も、ビタミンやカルシウムを多く摂るといったことを意識しましょう。

タオルや枕カバーを清潔に!

皮脂分泌が増える生理前は、タオルや枕カバーを清潔にすることを心がけて!髪の毛がニキビのできやすいところにかからないようにするといった工夫も必要です。ファンデのパフもマメに洗いましょう。

メイクはできるだけ控える

肌の負担になるメイクはできるだけ控え、家に帰ったらすぐにクレンジングをしましょう。

漢方薬やピルも一つの方法

症状がなかなか改善しないという場合には、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)といった漢方薬や低用量ピルも有効です。

いかがでしたか?

プロゲステロンは、美肌ホルモン「エストロゲン」をつくる材料にもなる大事なホルモンです。プロゲステロンと上手につきあい、生理前のニキビを防ぎましょう(´∀`)


Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索