眠れない人のためのサプリメントの選び方

眠れない

夜寝つきが悪いと、朝すっきりおきられないですよね。
眠れない状態が長く続くと体にも疲労がたまってしまい、様々な影響があります。
そこで今回は、眠れないときのための対処法とサプリメントをご紹介します。


Ads by Google

なぜ眠れないのか?

不眠の症状は、過労やストレス、うつ病などの原因から起こる事があります。
興奮状態で落ち着かないときや、コーヒーなどカフェインを取りすぎたときも眠れません。
また、週末だけお昼頃まで睡眠をとるなど寝だめすると、体内時計が狂ってしまい、不眠になりやすくなります。

不眠を予防・改善する方法

まずは規則正しい生活、食生活を送る事が大切です。
夜10時から夜2時の間に眠りにつくと、体内時計を安定させやすくなるといわれています。
ほかには、37~40℃のお風呂に20分ほどゆっくりつかり、血行を良くして興奮やストレスを排除しましょう。
また、適度な運動も寝付きを良くしますので効果的です。

心地よい眠りをもたらすサプリメント

規則正しい生活と食生活を続けてもなかなか眠りにつけない場合は、サプリメントも活用しましょう。

40歳以降に分泌が減少するメラトニンは眠りを促す効果があります。
精神や神経をゆっくり落ち着ける働きがあるバレリアン。
ビタミンB群で疲労回復、集中力の低下を改善しましょう。
不眠が続くとビタミンCが不足しやすくなるので補給しましょう。

バレリアン

ギリシア時代から用いられてきた、ハーブの一種であるバレリアンは気分を鎮め安らかな睡眠に導く効果があります。不眠症の解消や鎮静,リラックス効果があり、ドイツでは不眠症対策の治療薬としてバレリアンが利用されています。

メラトニン

メラトニンは松果体から分泌されるホルモンで、神経内分泌系の調節を担っています。
海外では不眠症状の改善や時差ぼけ対策用として各種サプリメントが販売されています。
しかし、日本では、厚生労働省から認可が下りていないため、国内メーカーはサプリメントとして販売することができません。(医薬品扱いになります)

ビタミンB群

疲労回復、集中力の低下を改善することで眠りにつきやすくなります。
肌の健康を維持するには必要なビタミンです。
ビタミンB群には8種類のビタミン(ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン)があります。B群のビタミンはお互いに協力関係をもちながら、細胞の代謝に関わる重要な役割を果たしているので、お肌の代謝をアップさせる効果があります。

ビタミンC

不眠が続くとビタミンCが不足するのでしっかり補いましょう。
美肌ビタミンのなかでも一般的なのがビタミンCです。
抗酸化作用でお肌の老化をおさえる働きがあるほか、他の栄養素の吸収を助ける働きがあります。
特にコラーゲンと一緒に摂取する事で、コラーゲンの生成を助け、美肌を保つ事ができます。
ビタミンCにはメラニン色素の生成をおさえる効果もあるので、
紫外線によるシミやそばかすの予防にもつながります。



Ads by Google



サイト内検索