味覚の組み合わせで食欲をセーブする方法

味覚

しょっぱいものを食べたら甘いものが食べたくなった・・・。そんな無限ループにはまってしまった経験はありませんか?
味覚をだませば食欲を抑えられる!そんな画期的な方法があるんです。

今回は、味覚の組み合わせで食欲をセーブする方法をご紹介します(´∀`)


Ads by Google

食欲中枢は味覚でだまされる!

味覚を工夫して食べ過ぎを防ぐ

同じ味の高カロリーのものと、低カロリーのものを食べさせたところ、どちらも同じ量で満腹感が得られた、という実験結果があります。

これは、味によって錯覚を起こしてしまったもの。

つまり、味覚を工夫すればより少ないカロリーで食べ過ぎを防ぐことができるんです(´∀`)

人が感じる5つの味の特徴

味覚 特徴
甘味 酸味やうま味、苦みで中和すると食欲がおさまる
塩味 塩味を食べ続けると飽き、早く食欲が満たされる
酸味 塩味や甘味といっしょにとると食べ過ぎ防止に
苦味 苦みを加えると塩味や甘味の強い刺激が始まる
うま味 うま味を足すと塩味や甘味のとりすぎをおさえられる

3食を似た味覚でそろえる

2つ以上の濃い味を交互に食べると、太りやすくなるといいます。

塩味&甘みの無限ループ

塩味には舌にプラスイオンの刺激を与え、甘味にはイオンがないので塩味の刺激を和らげる働きがあります。

塩味の後に甘味をとると、また塩味が欲しくなる・・・無限ループ(;゚Д゚)
塩味甘味∞ループ

3食似た味バランス食事で食欲をセーブ!

似た味バランスの刺激を受け続けることで、飽きがでてきて、”満腹になった”と食欲中枢が勘違いをします。

醤油ベース

  • 朝食・・・納豆、ごはん、焼き魚
  • 昼食・・・和風きのこパスタ
  • 夕食・・・生姜焼き、ごはん、サラダ

トマトベース

  • 朝食・・・ミネストローネ、パン、ゆで卵
  • 昼食・・・トマトソースのパスタ
  • 夕食・・・卵とトマトの中華炒め、ごはん、サラダ

酸味をプラスして食欲をセーブする

酸味は一番最初に感じる味

酸味は非常に簡単な仕組みでできているため、人間が感じる味の中で、最も刺激が早く、一番最初に感じる味と言われています。

濃い塩味や甘味には酸味をプラスして!

濃い塩味や甘味は食欲を増進させてしまうため、酸味をプラスすることで食欲がセーブできます。

酸味プラスで効果的な組み合わせ

  • 塩味:ステーキ+酸味:グレープフルーツ

塩味の効いたステーキを甘いソースで食べると食欲増進の引き金に。グレープフルーツやレモン汁をかけて食欲がセーブできます。

  • 甘味:バニラアイス+酸味:プレーンヨーグルト

甘味の強いバニラアイスには、酸味の強いプレーンヨーグルトをかけると、アイスの甘味を緩和することができます。

このほかにも・・・

塩分や糖分の入った食品にうま味を加えると、塩味や甘味が増すように感じられることがわかっています。砂糖や塩を増やさずに味を増すことができます(´∀`)

味覚を鍛えるのはダイエットに有効!

肥満気味の人は味覚の感受性が薄い

肥満気味の人は味覚の感受性が低いという研究結果があります。

味覚の感受性が低いと、さらに刺激が強い味がほしくなったり、必要以上の量をとってしまうためどんどん太りやすくなってしまうのです。

味を感じる味蕾(みらい)は生まれ変わる!

舌の表面にある、味蕾(みらい)という器官が鈍感=味覚が鈍感ということ。
しかし味蕾は10日ごとに生まれ変わっているので、いくらでも味覚はトレーニングできます(´∀`)

味覚を鍛えるトレーニング方法

  • 薄味に慣れる・・・ドレッシングやソースなどをかけずに食品本来の味を味わう。徐々に減らしていくのも◎
  • 味を記憶する・・・食べたものの味を思い出したり、記憶すると味覚神経が鍛えられる。

味の感覚が徐々に鋭くなるそうです☆

5つの味のバランスを

ひとつの食品でも、単一の味が突出しているものではなく、複数の味がバランスよく絡み合っているもののほうがダイエットには有効です!
しっかりお出汁をとって、うまみを引き出しましょう(^O^)

いかがでしたか?

流行中の「塩麹」も、塩味、うま味、酸味の3つの味でできていて、味覚神経を刺激するらしいですよ(´∀`)食欲をだまして上手にダイエットしましょう☆



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索