46歳で肌年齢20代!美魔女流「氷水洗顔」のやり方

美魔女・山田佳子(46歳) 本当はナイショのA型美容


”奇跡の46歳”と称される美魔女こと山田佳子さんは「氷水洗顔」を毎日やっているそうです。
この「氷水洗顔」、実は美容クリニックで使用されている美肌レーザーと同じ理論だということがわかりました!

今回は美魔女がやってる「氷水洗顔」についてご紹介します(´∀`)


Ads by Google

「氷水洗顔」とは

肌のターンオーバーを促す

氷水洗顔は、「温冷洗顔法」で

  • 新陳代謝が活発になる
  • 血行不良の改善
  • 毛穴が開き、保湿成分などが浸透しやすい肌に
  • ヒートショックプロテインができる

ことから、肌のターンオーバーを正常にし、健康的な肌をつくるといわれています。

ヒートショックプロテインて?

ヒートショックプロテイン(HSP)は、弾力を失った古いコラーゲンを排出して、新しいコラーゲンを作り出すたんぱく質のこと。
肌に熱というストレスがかかった際に作り出される仕組みで、アンチエイジングや病気の予防効果が期待され、現在注目を集めています。

クリニックのレーザーもこの理論に基づいている

肌の深部を高温にして刺激を与え、コラーゲンを生み出させてハリをだす、という美肌レーザーの多くは、このHPSの理論に基づいて開発されたものだそう。毎日積み重ねることで、肌にハリがでるんだとか(´∀`)

むくみや毛穴、シワの改善に

氷水洗顔をすることで、肌のターンオーバーが正常になるとあらゆる肌トラブルが改善されます。シミやシワだけでなく、たるみや毛穴、顔のむくみにも効果的なんだとか。

「氷水洗顔」のやり方

STEP1 温める

  1. メイクを落とす。
  2. 保湿膜を作る感じでクリームを薄く塗る。
  3. 大判のタオルの中心までしっかり水分を含ませ、軽く絞る。
  4. タオルをレンジで30~50秒加熱する。
  5. 火傷に気を付けて広げ、首まで覆い両手でタオルをおさえて、蒸気を肌に吸収させる。

STEP2 氷で締める

  1. 常温の水と氷を洗面器に入れる。
  2. 氷の角がとれるまで水を捨て、水を加える、を繰り返す。
  3. 洗面器に手を添えて、息を止めてゆっくりと顔を5秒ほどつける。
  4. 吸水性が高いタオルで押さえ、水分を拭き取る。

STEP3 保湿

化粧水で保湿したあと、乳液やクリームで肌に蓋をする。

氷水洗顔のポイント

蒸す前にクリームで守ること

洗顔後の肌は角質が水分を含んで柔らかくなっており、バリア機能が低下。蒸しタオルの刺激をやわらげ、適度な油分を含み保湿効果のあるクリームを薄く塗ることがポイント。蒸す前にクリームを塗ることは、成分の浸透を高めるという点でも非常に効果的だとか。

蒸す時のタオルは厚みがあるもので

  • 首まで覆える
  • 顔にのせて1分ほど温度を保持できる
  • 肌に刺激のない

タオルを選びましょう(´∀`)

冷やす時のタオルは綿100%がおすすめ!

肌に優しく、水分をすぐに吸収する綿100%のタオルを使用。
”和太布”は一般の綿布の2倍の吸収率で山田さんも愛用中だとか。

いかがでしたか?

山田さんが「氷水洗顔」を始めたのは、30代後半で肌が敏感になってからだそう。今では努力の甲斐あって、肌年齢は20代レベル!なんだとか。これは試してみるしかないですね(´∀`)

美魔女・山田佳子(46歳) 本当はナイショのA型美容
山田 佳子
光文社
売り上げランキング: 4124

Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索