生理前のイライラ!PMS(月経前症候群)に効くサプリメント

サプリメント

生理の2週間くらい前からイライラしたり、気分が沈んでしまったり、調子がわるかったり。
女性の80%は経験していると言われるPMS(月経前症候群)。
今回はPMSに悩む女性のための食材とサプリメントをご紹介します。


Ads by Google

PMS(月経前症候群)のメカニズム

PMSとはPremenstrual Syndromeの略で日本語では月経前症候群といいます。
主な症状は、下腹痛、イライラ、腰痛、頭痛などで、ホルモンバランスが崩れる事によって、
様々な症状が一気に現れます。

  • 症状が周期的にあらわれる
  • 月経前の2週間のうちにあらわれる
  • 日常生活に支障がでるほど症状が重い

この3つにあてはまればPMSの可能性が高いです。

PMS(月経前症候群)に効く生活習慣

PMSを悪化させる原因はストレスにあります。
普段からストレスを溜め込まないようにしましょう。
食生活を見直す事でもPMSを上手に乗り切る事ができます。

PMSを改善する食品

  • 豆類
  • 緑黄色野菜
  • 海藻
  • オリープオイル
  • ごま
  • 玄米
  • 蕎麦

PMSを悪化させる食品

  • 砂糖
  • 塩分
  • カフェイン
  • アルコール
  • 添加物

PMS(月経前症候群)に効くサプリメント

食生活を見直しても症状が重い場合は、サプリメントも上手に活用しましょう。
サプリメントではハーブが有効で、チェストツリーがおすすめ。
女性ホルモンと似た働きのある大豆イソフラボンやプエラリア・ミリフィカも有効です。
症状を緩和させるマグネシウムも効果があるでしょう。

チェストツリーの効果

チェストツリーというのはヨーロッパにおいて月経不順やPMS(月経前症候群)などに用いられるハーブで、ホルモンバランスを整える働きがあります。過去には、生理不順や生理痛、月経過多、更年期障害、子宮筋腫など、婦人科系の疾患に用いられました。
月経前症候群の激しい感情の波や、更年期のうつにも効果があるといわれています。

大豆イソフラボンの効果

大豆にふくまれる植物性ポリフェノールの一種で、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをします。女性ホルモンのバランスが崩れている時に起こる不調を、ホルモンバランスを調整することによって軽減させる事ができます。取り過ぎには注意しましょう。

プエラリア・ミリフィカの効果

タイ、ミャンマー北部原産の豆科の植物で、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする植物エストロゲン・イソフラボン類が含まれています。美肌やバストアップに効果があるとされています。見分けが難しく数も少ない植物の為、サプリメントを購入する際には本当に成分が含まれているか充分に確認しましょう。こちらも大豆イソフラボンと同様に取り過ぎには注意しましょう。

マグネシウムの効果

マグネシウムは心臓の鼓動、骨の生成、筋肉の収縮、血圧や血糖値の調整、体温調節、蛋白質の合成など非常に重要な役割を果たしています。またビタミンB群 とともに糖質や資質のエネルギー代謝を促進して疲労回復を助ける役割もしています。マグネシウムはカルシウムと共にイライラを抑える作用もあります。



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索