タバコを吸うとどれだけ美容に悪いか知ってる?

タバコを吸うと美容に悪いことはだれもが知っていること。しかし、喫煙は細胞レベルで老化を加速させ、「スモーカーズフェイス」と呼ばれる喫煙者独特の老化現象をも引き起こすことをご存知でしょうか。

今回はタバコが及ぼす美容への影響についてご紹介します(´∀`)


Ads by Google

スモーカーズフェイスって?

スモーカーズフェイスとは

「タバコ顔」とも言われ、喫煙者の顔に起きる特徴的変化を表した言葉です。
非喫煙者よりも5年以上早く老化が進んでいくと考えられており、喫煙者の顔には同じような老化症状がみられるといいます。

スモーカーズフェイスの特徴

喫煙者と非喫煙者の双子のイメージ写真です。もちろん同じ年齢です (;゚Д゚)

スモーカーズフェイス
  • シワ、ちりめんジワが多い
  • 顔色が悪い
  • 毛穴のひらき、たるみ
  • 目の下のクマが目立つ
  • 頬がこけている
  • 肌の黄ばみ
  • 歯茎が黒くなる
  • 白髪、抜け毛

顔を見ただけで喫煙者かどうかの判断ができる

スモーカーズフェイスの特徴から、長期間に渡ってたくさんの本数を吸い続けていると、顔を見ただけで喫煙者であることがわかるようになると言われています。

喫煙が肌に与える影響とは

シミ・シワ・くすみ

たばこの有害物質であるニコチンによって血管が収縮され、酸素や栄養が肌に届きにくくなります。ターンオーバーが乱れ、シミ・シワ・くすみの原因に。喫煙は血管を老化させます。

ビタミンCの破壊によって起こる様々な肌トラブル

タバコを1本吸うと25gのビタミンCが消費されます。4本吸うと1日に必要なビタミンがすべて消費されてしまうのです。
ビタミンCの消費によって

  • コラーゲンの生成が抑えられてしまう
  • 女性ホルモンの分泌が抑えられてしまう
  • 活性酸素の発生

などがおこります。このことから、

  • 肌の弾力が失われる
  • シミやシワ、吹き出物、乾燥が起こる
  • 更年期障害を早める
  • 肌だけでなく、唇や歯肉がくすむ

といったトラブルを起こすことになるのです。

喫煙が髪に与える影響とは

薄毛、抜け毛、白髪

喫煙はビタミンCだけでなく、ビタミンE、B群も消費されます。これらは髪にとって大切な栄養素。栄養が行かず白髪、髪が細くなる、ハリコシがなくなる、薄毛、抜け毛といった症状が起こります。

喫煙が体に与える影響とは

不妊原因の一つ

2001年に米国の研究グループが、タバコの有害物質に卵子を死滅させる作用があると発表をしました。喫煙が卵子の減少を加速させ、不妊の原因のひとつになっています。

閉経を早める

喫煙は女性ホルモンのエストロゲンの減少を招き、更年期障害の発症を早めます。非喫煙者に比べ、喫煙者の閉経は1.5年早いと言われています。

肺がんだけではない!たくさんのリスク

心筋梗塞や脳梗塞などの血管性の病気、高血圧症、糖尿病など、多くの病気にタバコが関係していると言われています。

いかがでしたか?

最近はたばこが原因で肺ガンになるというのは迷信とも言われてきているので、安心している人もいるかもしれませんが、
20代前半の頃は吸っていてもなんともなかったのに、30代になって急に肌がボロボロになってしまった人は結構います。

また、吸っている本人は気づかないけど、かなり臭いがきついこともあります。
周りの人に与える影響についての「タバコの副流煙は有害物質4倍!喫煙と免疫力の関係」もご参考にしてください。

タバコを吸っていると、どれだけよい化粧品を使っていても効果は薄くなります。
シミやシワなどのお肌トラブル、肩こりや冷え症などの血行トラブルに悩まされている人はまず喫煙について見直してみませんか?



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索