猫背のデメリットと猫背改善方法


どれだけおしゃれをしても、メイクをしても、姿勢が悪いとそれだけでマイナスな印象に!
猫背は太る原因になるだけでなく、長年悪い姿勢を続けていると、大病につながる恐れもあります。

今回は猫背のデメリットと改善方法についてご紹介します(´∀`)


Ads by Google

なぜ猫背になる?

携帯やパソコンなど現代の生活が影響

現代の生活は手元に視線を置く動さが多いため、どうしても背中がまるまって猫背になりがちに。

「楽な姿勢」と勘違い

私たちの生活で生じやすい姿勢なため、癖になりがち。
体の後ろ側の筋肉や、お尻の筋肉、腹筋などを使わずに体を安定させるので、「楽な姿勢」と勘違いしてしまいます。

猫背のデメリット

見た目の印象が悪い

姿勢が悪いだけで、疲れた感じややる気の感じられない、老けた印象に。

骨格がゆがむ

筋肉は骨にくっついているため、頭が前にでて猫背になると、バランスが偏り、背骨や骨盤、股関節などがゆがみやすくなります。

代謝が悪くなる

猫背は首の後ろや背中の筋肉が伸びた状態ですが、胸の筋肉まで硬くなってしまい、呼吸が浅くなる原因に。
呼吸が浅くなると、体に取り込まれる酸素量が減り、エネルギー消費量も減って代謝が低下します。

むくみやすくなる

猫背になると筋肉が固まり、リンパの流れが悪化します。
老廃物が溜まってむくみやすい体に。

腰痛

腹筋が伸び、腰の筋肉が縮むためおなかポッコリ、さらには腰痛の原因に。

いろんなところが垂れる

お尻の筋肉と太ももの裏の筋肉が伸びて衰え、前太ももが固太りに。
猫背で筋肉が偏り、バストが垂れたり二重あごの原因にも。

また、首のシワの原因にもなります。

脳梗塞などの原因にも

長年猫背により、首に負担をかけていると、骨と骨の間でクッションの役割を果たす椎間板が潰れて首の動脈が圧迫され、激しいめまいや、ひどくなると脳梗塞の原因にもつながります。

正しい姿勢のチェック方法

壁の前に立ってチェックしてみましょう(´∀`)

  1. かかとを壁から5センチ程度開け、両足をまっすぐにそろえて立ちます。
  2. おなかに力をいれ、頭の後ろは指1本分あけます。
  3. 腰の後ろに手のひら1本分くらいの隙間を開けます。

胸を張りすぎると腰に負担がかかってしまい、腰痛の原因になるので注意!

猫背改善方法

エクササイズ・ストレッチ

日頃から猫背解消ストレッチをしましょう(´∀`)

猫背解消グッズ

便利なグッズがたくさんでています!

日常生活では・・・

ちょっとした意識と行動で猫背改善☆

  • カバンを肩にかける時・・・前に抱えるのではなく脇を締めてカバンを持ち、少し後ろに引きあげる感じで。持つ手を左右入れ替え、バランスをとることも大切。
  • 椅子に座る時・・・バスタオルや薄い座布団をくるくる丸め棒状に。腰に当ててよりかかり、両足は床にしっかりつくように。おなかに力をいれて深めに座る。
  • 床に座るとき・・・あぐらや横座りはゆがみやすくなります。お尻の下にクッションを入れて両足を前に伸ばし、背中は壁につける。

いかがでしたか?

正しい姿勢は、美と健康の秘訣ですね!
まずは意識を持つことが大切です。毎日の習慣の積み重ねで、きれいな姿勢をつくりましょう(´∀`)

magicoキョウセイベルトブラックM
中山式産業
売り上げランキング: 7995

Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索