パウダーファンデとリキッドファンデどっちがいいの?


ファンデーション選びで、リキッドファンデかパウダーファンデ、どちらがよいのか迷ったことはありませんか?
それぞれの特徴を理解すれば、なりたい肌を手に入れられます!

今回はファンデーションの種類と選び方についてご紹介します(´∀`)


Ads by Google

ファンデーションの種類別の特徴

リキッドタイプ

  • みずみずしさやしっとり感のある使い心地
  • シアー(透明感)な仕上がり

クリームタイプ

  • カバー力が強い
  • マットな仕上がり

パウダータイプ

  • 軽く、さっぱりとした使い心地
  • ナチュラルな仕上がり

パウダーファンデとリキッドファンデどちらが良い?

肌への負担が少ないのはパウダーファンデ

リキッドは肌との密着度が高いため、パウダーに比べると肌への負担が大きいといわれます。

初心者でもムラになりにくく、透明感をだせるのがリキッドファンデ

パウダーのほうが手軽に感じますが、実はスポンジやブラシを使えばリキッドのほうがムラになりにくく、透明感のある肌に仕上げることができます。

乾燥肌にはどっち?

乾燥肌だから、パウダーが乾燥してリキッドやクリームが良いとは一概に言えません。
リキッドやクリームはカバー力が強く、強力なクレンジングが必要になる場合もあるので、乾燥を招くことになる場合もあります。

また、パウダーでも保湿成分が配合されていたり、スキンケアや下地でしっかり保湿しておけば乾燥しにくくなります。

なりたい肌に合わせて選ぶ

  • 潤いのある艶やか肌・・・リキッドファンデーション
  • ナチュラルな柔らかい肌・・・パウダーファンデーション

ファンデーション選びのポイント

肌色にあわせる

  • 肌の赤みが強い・・・ベージュ系
  • 肌の黄みが強い・・・オークル系
  • 肌の青みが強い・・・ピンク系

そのほかにも

ファンデーションパフ、スポンジ、ブラシなどは清潔に!ファンデーションのつきが悪くなるだけでなく、肌への負担も大きくなります。

「恐怖!洗わないファンデーションパフはトイレの床より汚かった!!」も参考にしてください(´∀`)

いかがでしたか?

ファンデの選び方も重要ですが、スキンケア、下地など土台作りも同じくらい大切ですよ!
ファンデーションのタイプと使い分け方を理解して、なりたい肌を作ってしまいましょう(´∀`)


Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索