生理時の腰痛の原因と解消方法

腰痛

普段は腰痛がないのに、生理の前や生理中だけ腰が重い・痛い、ということはありませんか?
生理時の腰痛は女性特有のもので、子宮と骨盤、女性ホルモンが大きく関係しています。

今回は生理時の腰痛の原因と解消方法についてご紹介します(´∀`)


Ads by Google

生理時の腰痛の原因

生理時の腰痛の原因は、大きく分けると2つあります。

月経前緊張症(PMS)

生理前3~10日の間に症状が現れ、生理が始まると症状がおさまる。
症状の軽重がありますが、排卵のある女性ならばほとんどが経験するといわれています。

月経困難症

生理中に症状がでる。いわゆる生理痛のこと。
月経困難症は若年女性にはかなりの頻度でみられ、年齢とともに減っていくのが特徴です。

月経前緊張症(PMS)で腰痛が起こる原因

ホルモンの影響

  • 卵巣ホルモンの1種、リラキシンという物質が分泌されます。この物質が関節を緩める働きをするため、筋肉や腰へストレスがかかります。
  • 黄体ホルモンにより、子宮からプロンスタグランジンという子宮を収縮させる物質を分泌させます。この分泌量が多いと、腰痛を感じることがあります。

月経困難症で腰痛が起こる原因

血行不良

子宮に血液を送る働きをすることから全身が血行不良になりがち。骨盤内に血液が充血し、子宮の重量も増加して腰が重くなります。

骨盤のゆがみ

生理中は骨盤が広がります。骨盤が歪んでいるとうまく広がることができず、腰に負担がかかります。

ホルモンの影響

PMS時と同様です。黄体ホルモンによるプロンスタグランジンの分泌量が多い場合、腰に負担がかかります。

生理時の腰痛の解消方法

血行促進

  • 湯船につかる
  • 白湯やショウガを入れた温かい飲み物などを飲む
  • 温めグッズを活用する(´∀`)

温太くん腰用ベルト ベージュ

マッサージやストレッチを行う

腰痛に効くストレッチの動画です。「カエル」体操で全身のゆがみケア(´∀`)

漢方薬

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)という漢方薬は生理不順や生理痛、頭痛、めまい、肩こり、のぼせ、足の冷えなどに効果的です。

いかがでしたか?

生理による腰痛は、冷えやすい体質の女性に多く見られます。PMSも月経困難症も冷えは大敵!まずは体を冷やさないように心がけましょう(´∀`)



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索