野菜長持ち!魚や肉の鮮度がUP!50度洗いが熱い!


50℃のお湯でたった1~2分浸し洗いすることで、水分が失われていた野菜がパリッとしたり、魚や肉の鮮度がUPする「50度洗い」が今ブーム!
50℃洗いをすることで、野菜だけでなく人の免疫力もUPするという画期的なこの方法!

今回はミラクルな下ごしらえができてしまう、50℃洗いについてご紹介します!


Ads by Google

なぜ50℃なの?

低温スチーム調理法で発見!

シリコンスチーマーを使った蒸し料理がブームになりましたが、この低温スチームの研究で生まれたのが50℃洗い。
低温スチーム鍋で有名な平山一政さんが考案した方法です。

安全かつ火が通らない、絶妙な温度

  • 汚れが落ちる
  • 熱に弱い葉野菜にも火が通らない
  • 失った水分を吸収しやすい
  • 香りや甘みなどのおいしさが増す
  • 雑菌を減らせる

絶妙な温度が50度なんだそうです( ゚∀゚ )

50℃洗いのメリットとは?

鮮度が長持ち

50℃で洗うことによって表面に付着した腐敗菌などが流され、菌の働きも抑えることができます。
熱の刺激で細胞を保護する特殊なたんぱく質が増えて腐敗が進みにくくなるんだそうです☆

栄養が逃げない

熱のショックで野菜の表面にある「気孔」が開いて、水分が細胞の中に取り込まれます。
短時間なら50℃でも細胞膜は壊れないため、栄養の流出も防げるんです(´∀`)

余分な脂や臭みが取れる

肉や魚は空気に触れて表面が酸化しますが、50℃洗いをすると酸化した物質が洗い流され、臭みが取れます。
余分な脂もとれて味もすっきり、ヘルシー( ゚∀゚ )

うまみ、甘みUP

50℃洗いをすると、苦みやえぐみなど”アク”のもとであるアルカロイドやシュウ酸が流れて味がまろやかになります。
酵素が活性化され、甘みもUPしますよ☆

土や汚れがすぐ落ちる

衣類などの洗濯と同様に、お湯で洗うと野菜の表面に付着した泥や汚れも落ちやすくなります。

50度洗いのやり方

50℃洗いの基本テクニック

ボウルか洗い桶に50℃の野菜が丸ごとつかるくらいのお湯をはります。
野菜を洗っている間は1~2分でOK。
43℃を切らないようにさし湯をします。

50度の湯の作り方

水と熱湯を半分ずつ混ぜるとほぼ50℃になります( ゚∀゚ )
やけどをしないように、手で混ぜず菜箸などを使いましょう!
給湯器の温度を50℃に調節するのも◎

温度計を使うのがベスト

50℃は少しの間なら手をつけてもやけどをしない温度ですが、慣れるまでは温度計で確認したほうがよいです。
43℃以下になると雑菌が繁殖しやすくなるので、43度以下にはしないことが大切!

かわいい温度計で料理が楽しくなりそう(^O^)

50℃洗いしてみよう(´∀`)

野菜

  • レタス:1~2分 1枚ずつはがして数枚ずつ浸す
  • ホウレンソウ:1~2分 茎の間にもお湯がいきわたるように手でほぐして洗う

  • 鶏肉:2~3分 皮や脂身は指でこすって洗い、浸す
  • スライス肉:2~3分 洗った後少し浸しておく

  • 魚介類:3~5分 湯に塩を一つまみ入れ、口が開いて砂や汚れを吐き出して来たらそっとこすり合わせる
  • 切り身:1分 さっと浸すだけで表面の酸化した脂が取れる

いかがでしたか?

有名レストランでもこの調理法が使われているらしいです!
野菜を50℃洗い後に冷蔵庫で保管すると、変色もせず長持ちしますよ(´∀`)
やけどにはご注意くださいね。

50℃洗い 人も野菜も若返る (文春新書 879)
平山 一政
文藝春秋
売り上げランキング: 43309

Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索