肌質となりたい質感に合わせた化粧下地の選び方


自分にあったベースメイクができるようになると、メイクの腕も格段にあがります(´∀`)
今回は肌質となりたい質感に合わせた上手な化粧下地の選び方をご紹介します☆


Ads by Google

ベースメイクの順番

まずは基本となるベースメイクのプロセス!

  1. 日焼け止め
  2. 化粧下地
  3. コントロールカラー

の順番で念入りに仕上げてください(´∀`)

化粧下地の選び方

仕上がりの質感や、自分の肌タイプによって形状を選びましょう☆

クリーム

保湿力が高いので乾燥肌の人にオススメ。
肌馴染みが◎

ミルキー

軽い質感なので、べたつきが気になる人にオススメ。
乳液タイプなので伸びが◎

ジェル

肌を引き締め、ハリツヤ、透明感のある肌に仕上げたい人にオススメ。
さっぱりとした質感です。

フォーム

夏や体温が高い人にオススメ。
皮脂の分泌を抑えて、キメを整え化粧崩れを防いでくれます。

コントロールカラーの選び方

シュウウエムラ ベースコントロール 13ml 【パープル】

肌トラブルやなりたい肌にあわせて正しい色選びをしましょう(´∀`)

イエロー系

ほほの赤みや目の周りのくすみをカバーします。

ブルー系

色白肌の人向け。透明感のある肌に仕上がります。
使う量が多すぎたり、黄ぐすみのある人が使うとくすんでしまうので気を付けて!

オレンジ系

シミやそばかすをカバーし、健康的な肌に仕上がります。

パール入り

肌にツヤがでて、イキイキとした肌に仕上がります。

いかがでしたか?

ベースメイクは肌の色や凸凹を整えて均等にしてくれる重要なプロセスです☆
ベースメイクに化粧下地が必要な理由と使い方のコツもあわせて参考にしてください(´∀`)



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索