疲れに良い注目の成分「イミダペプチド」の効果とは


疲労の原因は活性酸素による酸化ストレス!
疲労からの復帰を早める”疲労回復”と疲労しにくい状態をつくる”疲労予防”という二つの働きをする「イミダペプチド」が話題です。

今回はイミダペプチドについてご紹介します(´∀`)


Ads by Google

イミダペプチドって?

イミダペプチドはイミダゾールペプチドとも言います。

話題の抗疲労成分

イミダペプチドは、ヒスチジンアラニンの二つのアミノ酸が結合したペプチドのこと!
渡り鳥や回遊魚、クジラなど長時間継続した運動をする動物に多く含まれることがわかっています。

活性酸素を除去!

活性酸素の消去作業が間に合わなくなると、参加ストレスで細胞が機能低下に陥ります。
それがエネルギー不足のため疲れとなって表れるのです。
イミダゾールペプチドは、そんな活性酸素を除去する役割に優れています(´∀`)

クエン酸回路をサポート!

クエン酸は疲労回復にはもってこいの成分(´∀`)
イミダペプチドはそんなクエン酸回路をサポートし、エネルギー代謝を高めてくれる役割があります。
また、脂肪をエネルギーとして使いやすくする働きも(^O^)

イミダペプチドが含まれる生物

鶏の胸肉にも含まれます!

国産)チキンむね正肉 2kg

  • 鶏の胸肉
  • マグロやカツオなど回遊魚
  • クジラの赤身肉
  • イワシ、カジキ

などに多く含まれます。

どれくらい食べればいい?

イミダペプチドは200~400mgを毎日摂取するのが理想です(´∀`)
量で言うと、胸肉60~100g程度で400mg摂取できるので簡単ですね(^O^)

抗疲労レシピ

イミダペプチドが摂れるレシピをクックパッドからいくつかご紹介します。
みつせ鶏とりハム 170g

お酢を使ったレシピはアミノ酸も摂取できるので疲労回復効果がアップしそうですね(^O^)

いかがでしたか?

イミダペプチドの抗疲労作用を生かすコツは、一定期間とり続けること!
普段から体内に蓄積しておくと疲労回復も早くなり、慢性疲労の予防にもなりますよ!

胸肉で作った鶏ハムや、レンジで酒蒸しにして割いてフレーク状にして常備菜にしておけば、簡単に取り入れることができそうです。

日本予防医薬 イミダペプチド240 30ml×10本
日本予防医薬
売り上げランキング: 2107


Ads by Google



サイト内検索