早期発見が大切!乳がんのセルフチェックの方法

ピンクリボンキャンペーンの時期は東京タワーもピンク色(´∀`)
ピンクリボンキャンペーンとは”乳がん早期発見促進”キャンペーンのこと。

16人に1人の女性が乳がん!30歳過ぎたら検診に行こうの記事では、早期発見できてよかった!というお声もいただきました(^O^)

今回は簡単にできる乳がんセルフチェックの方法をご紹介します☆


Ads by Google

乳がんセルフチェックの方法

まずは鏡の前で

  1. 鏡の前で、両手を自然におろし、左右の乳房に形や大きさに違いがないか。
  2. 皮膚のくぼみ、ひきつれ、ふくらみ、乳首・乳房に湿疹やただれはないか。
  3. 次に両手をあげ、1、2を同様にチェックします。

★しこりがあると、凹みやひきつれがでることがあります。

次にお風呂の中で腕を上げてチェック!

ボディソープなどをつけて指を4本揃え、指の腹全体でさわる感じ。乳房の外線から内側に、乳房をたぐり寄せる感覚です☆

  1. 乳房の上部分、真ん中部分を外側から内側向かって触ります。ひっかかる部分はゆびでぐるっと円を描くように再度チェックします。
  2. 乳房の下部分は乳首に向かって乳房を持ち上げるように触ります。

★下のあばら骨を感じるくらいの強さがポイントです。

お風呂の中で腕を腰にあててチェック!

  1. わきの下から乳房の横、乳首に向かって触ります。
  2. 乳首をしぼり、分泌液がでないかチェック。

仰向けになって

  1. 仰向けになり、背中に枕(高すぎないもの)を入れます。左手をあげて頭の下に入れます。
  2. 右手を乳房の外側から内側に向けて触ります。下側は乳首に向けて持ち上げるように触りチェック。
  3. 右側も左側と同様にチェックします。

セルフチェックの頻度と時期

セルフチェックの頻度

月に1回は必ずチェックしましょう(´∀`)
慣れるまでは自分の乳房の状態がわかるまで毎日行うと◎

セルフチェックの時期

生理がはじまって1週間くらいが、乳房が柔らかくなりチェックしやすいですよ(´∀`)

いかがでしたか?

日本人女性がかかるがんのトップが乳がん!
セルフチェックをして、少しでも気になったら検診に行きましょう。



Ads by Google



サイト内検索