タバコの副流煙は有害物質4倍!喫煙と免疫力の関係

美肌やアンチエイジングにはタバコは天敵です。
さらにタバコは免疫力を低下させます。そして、タバコの副流煙にも有害物質が含まれます。

各方面で分煙対策がされていますが、タバコの有害物質は毛髪や衣類に付着し室内に持ち込まれます( ;゚Д゚)
家族の健康を守るために、分煙で済まそうとせず禁煙をしてみませんか?


Ads by Google

タバコに含まれる有害物質

タバコを吸わない人にも影響が

タバコにはなんと4000種類以上の化学物質が含まれ、そのうち有害物質は200種類以上!
有害物質は、喫煙者が吸い込む主流煙だけでなく、周りの人が吸い込む副流煙にも含まれているのです。

タバコの3大有害物質

  • ニコチン:脳に作用し、ニコチン依存症を招きます。血管の収縮や心拍数の増加、胃の収縮力の低下など。
  • タール:一般的に「ヤニ」と呼ばれるのがこの物質。多くの発がん性物質を含み、呼吸系疾患やがんに起因します。
  • 一酸化炭素:赤血球と結合して体内に酸素を運ぶヘモグロビンの働きを低下させます。動脈硬化の原因にも。

タバコと免疫力の関係

タバコを吸うと免疫力が低下

  • ニコチンが血管を収縮させて血流が悪化する
  • 白血球の一種、肺胞マクロファージの抗体産生機能を低下させる
  • 免疫促進のリンパ球が減少する
  • 唾液分泌を低下させる
  • 気管支や肺から異物を外へ吐き出す線毛の働きを低下させる
  • ビタミンCを破壊する

これらの作用が免疫力を低下させます。

副流煙に含まれる有害物質は主流煙以上!

喫煙者が吸い込む主流煙は、タバコのフィルターを通して体内に入りますが、タバコが燃えるときに立ち上がる副流煙は直接周囲の人の体内に入ります。
厚労省の調査によると、主流煙を1とした場合副流煙には

  • タール3.4倍
  • ニコチンは2.8倍
  • 一酸化炭素は4.7倍

にも上ります( ;゚Д゚)

いかがでしたか?

免疫力が低下すると、感染症や発がんのリスクを高めることになります( ;゚Д゚)

  • 禁煙外来
  • 禁煙貯金を始める
  • 会社や友達の間で禁煙イベントを行う
  • 禁煙による体調の変化を意識する

禁煙のコツをつかんで賢く実行しましょう(´∀`)
家族のサポートも禁煙成功の大きなカギになりますよ!



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索