【化粧品成分】化粧品に含まれる紫外線吸収剤とは?

化粧品成分

いまでは紫外線(UV)対策は、お肌のための基本的なケアとなってきています。
紫外線は様々な影響をお肌に与えることで知られていて、最近では紫外線対策をすることが老化を防ぐとも言われています。
今回は、気になる紫外線と紫外線吸収剤の関係をまとめてみました。


Ads by Google

紫外線の基本

紫外線(UV)は、作用の違いからA波、B波、C波の3種類に分けられています。

紫外線A波

お肌の表皮のメラニン色素を酸化させて”日焼け”をつくります。そしてじわじわとお肌の奥に影響を与え、コラーゲンを変質させてしみやしわの原因になるといわれています。地上に降り注ぐ紫外線の99%がA波だといわれています。
日焼け止めでは「PA+」「PA++」「PA+++」の3段階でUVAを防ぐ効果を表しています。曇や窓ガラスを抜けて到達するので、曇りの日や、部屋の中でも対策が必要です。

紫外線B波

お肌の表皮に作用し、皮膚に炎症ややけどを起こさせます。
日焼け止めでは「SPF」でUVBを防ぐ効果を現しており、数字が大きいほど防御力が高いです。

紫外線C波

お肌の奥まで作用し、細胞の遺伝子を傷つけ、突然変異を起こさせてガンや老化の引き金になると言われています。オゾン層でほぼ吸収されるため、オゾン層の破壊が進んでいる南極や北極などに行く機会がなければ特に心配する必要はありません。

紫外線吸収剤とは?

紫外線吸収剤は、お肌に降り注ぐ紫外線を吸収すると熱や赤外線などのエネルギーに変化させて放出し、紫外線の皮膚への浸透を防ぐ成分です。この化学反応は強力でお肌に負担を与えるので、皮膚の細胞を傷つけ、ガンを発生させる可能性もあります。
紫外線吸収剤は化粧品に入れるために油分を使うので酸化しやすく、効果が強力なため、肌の弱い人が使うとアレルギー反応を起こし、赤みやかぶれをおこす場合もあります。

紫外線吸収剤を含まない化粧品一覧

敏感肌の方や、自然派コスメ・オーガニックコスメが好きな方に人気の、紫外線吸収剤フリーの化粧品リストもあります。店頭やネットではなかなか見つけるのが難しいのですが、美肌マニアでは成分から探す事ができますので、簡単に見つける事ができますよ☆

いかがでしたか?

日焼け止めは必要ですがお肌に負担がかかる場合もあります。普段から帽子や日傘、サングラスと日焼け止め化粧品を合わせて利用する事でお肌への負担を減らしましょう。



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索