間違ったスキンケアで敏感肌になった時の解決方法

キレイになるために努力しているのに、肌がどんどん悪化していく・・・。
何をつけてもヒリヒリ・ブツブツが治らない。
そんな状態で困っている方も最近かなり増えています。

それは、間違った『やりすぎ』スキンケアにより、角層のバリア機能が低下して、外部からの刺激を受けやすくなった状態『敏感肌』になったせいかも。

今回は、そんな敏感肌になってしまった方の、対処方法をご紹介します。


Ads by Google

敏感肌になってしまった場合のスキンケア方法

化粧水を使わない!

敏感肌になって肌荒れしてしまうと、化粧水に頼りがちですが、使わないほうがいいでしょう。
特に美容成分が豊富な高級化粧水となると、腐りやすいので防腐剤などもたくさん含まれているため、肌への負担が大きいのです。

化粧水がしみるほどの敏感肌になってしまった場合は、しばらく化粧水は使わないようにします。

シンプルなクリームのみでケアする

敏感肌用など成分がシンプルなクリームのみでケアをします。
ポイントは洗顔後すぐに使うこと。

美肌マニアの無添加化粧品検索機能を使えば、合成界面活性剤や合成ポリマー、防腐剤、アルコールフリーのクリームなど簡単に検索することが出来ます!

洗いすぎに注意する

洗浄力の強いクレンジングを使ったり、朝晩の泡洗顔は洗いすぎです。
ピーリングや酵素洗顔も控えましょう。
また熱いシャワーのお湯で洗うのも、乾燥肌・たるみの元なので注意しましょう。

いかがでしたか?

肌荒れしたからと自己流で高級な化粧品に頼ってしまったりすると、余計に悪化してしまうんです。
植物も水をやり過ぎると根腐れしてしまいますよね。
シンプルなケアで肌本来の力を高めていきましょう!


Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索