知ってた?紫外線は地面からの反射にも注意が必要!

紫外線

日焼け止めは何だか肌に悪そうだし、べたついて重い・・・。
だから日焼け止めを塗らずに日傘で対応したほうがいいのでは?なんて言う声もチラホラ聞きます。

ちょっとまって!紫外線は地面からの反射もあるので、日焼け止めは必須です。


Ads by Google

紫外線は地面からの反射もある

紫外線の反射
実は紫外線は、上からだけではなく地面からの反射もあるんです。

普通のアスファルトだと10%くらいですが、海辺や白い砂浜の場合は25%近くにも上がり、雪面からの反射は80%もあると言われています。

ですので、日傘だけでの対策では紫外線を防いだことにはなりません。

どんな紫外線対策をすればいいの?

日常使いの日焼け止めは低SPFでOK!

SPF50くらいの商品も多いですが、実際にはSPF30を超えるとほとんど変わらないと言われています。
長時間の外出やレジャー等以外は、SPF25〜30程度でOKです。

ノンケミカルの日焼け止めを!

日焼け止めには、大きく分けて2種類あります。
『紫外線吸収剤』を使っているものと、『紫外線散乱剤』を使っているものです。

日常使いには『紫外線散乱剤』のほうが肌負担が少ないのでおすすめ。
軽いつけ心地のジェルタイプの日焼け止めは肌に負担がなさそうに見えますが、実は『紫外線吸収剤』の方を使っていることが多いので注意しましょう。

ノンケミカルやケミカルフリー・紫外線吸収剤不使用と書いてあるものを選べばOKです。

日焼け止めの塗り忘れに注意しよう。

サンダルを履いてる時の足の甲とか、耳たぶの後ろの方とか、意外と塗り忘れてしまったりするので注意しましょう。

もちろん日傘やサングラスなども有効!

UV効果のある日傘や防止・サングラス・ストールも有効ですので、上手に取り入れてみて下さい。

いかがでしたか?

女優さんならマスクをして顔がすっぽり隠れるサンバイザーを使ってもいいかもしれませんが、一般人がやると美しさという意味では本末転倒ですよね。
オシャレを楽しみつつ、上手に日焼け止めを取り入れてくださいね☆



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索