『夜食は太る』その原因は、BMAL1にあった!

夜遅くに食べると太るというのは、皆さんなんとなくご存知では?

でもそれは、寝る前に食べると脂肪を溜め込むからというだけではなく、BMAL1という物質のせいだと、科学的に証明されているのです。

BMAL1って何?と思った方必見!
正しいダイエット知識を身につけて痩せやすい体になりましょう☆


Ads by Google

BMAL1とは?

BMAL1は、ビーマルワンと読み、体内時計を調整してくれるタンパク質で、誰もが体にもっています。
このBMAL1が、脂肪を溜め込む性質があるということがわかっています。

BMAL1は、夜の10時くらいから急増して、2時にピークを迎え、4時以降に正常値に下がっていきます。

夕食をとるのにおすすめの時間帯は?

通常、消化吸収されるまで2時間くらいかかります。
BMAL1が急増する夜の10時までに消化されている状態がベストなので、8時までには食事を済ませておくのがよいでしょう。

同じ体重のマウス実験でも、同じ量の餌を夕方6時と夜9時に与えてみると、夜9時に食べたマウスのほうが体重が増えたという結果が出ています。

夕食は遅いときは抜いたほうがいいの?

仕事とかで遅くなった場合、夜10時以降じゃないとどうしても食べれない・・そんな時もありますよね。
そんな時は夕食は抜いたほうがいいの?と思うかもしれませんが、夕食を抜くのは絶対にやめたほうがいいです。

夕食を抜くことで、朝食までの時間があいてしまって、朝食を食べたときに血糖値が急激に上昇してしまいます。
この急激な上昇が、ダイエットには一番のタブー。

血糖値の急激な上昇を抑えるために、インスリンが過剰に分泌されて、太りやすい体質になってしまうのです。

じゃあ遅い場合はどうすれば?

できるだけ低カロリー、低脂質で消化吸収の良いものを摂取するとよいでしょう。
消化吸収のよい食事は、下記にまとめていますので、参考にしてみて下さい。

具体的には、卵がゆ(ご飯の量は少なめで)や、大根とはんぺんのおでんなどが良いのではないでしょうか?

早寝早起きは大事ですよ!

夜遅く食べたからと言って、消化吸収のために遅くまで起きていると、今度は脂肪燃焼をさせるホルモン『コルチゾール』が分泌されなくなり、痩せにくくなります。
コルチゾールが分泌されるには、夜の0時〜6時までは寝ておいたほうがいいのです。

いかがでしたか?

お肌がキレイになるゴールデンタイムと呼ばれるのも、夜の10時〜2時の間の睡眠です。
単純にたくさん寝ればいいというわけではなく、この時間帯というのはとても大切なのですね。


Ads by Google




サイト内検索