オイルフリーの化粧品は本当に肌にいいの?

化粧品メーカーの中には、オイルフリーやオイルカットを売りにしている会社もありますね。

べたついたり何かと嫌がられるオイル。
特にニキビができやすい人は、オイルを敬遠される方も多いのでは?

でもそんなオイルの間違った知識が、ニキビや老化の元だと知っていましたか?


Ads by Google

オイルフリーとは?

オイルフリーとは、その名のとおり、オイルが配合されていないことを言います。
特に日本人は、スキンケアのベタつきを嫌い、サッパリした使用感を重視する傾向にあります。そのニーズを満たす商品がオイルフリーとなります。

オイルフリーには合成ポリマーがたっぷり!?

オイルを配合せずに、さっぱりとした保湿力を出すために、合成ポリマーを配合しているメーカーが多いです。
合成ポリマーとは、ジメチコンやシクロメチコンなどのシリコーンオイルと呼ばれるものなどを含む、合成のコーティング剤です。

オイルに比べさっぱりとした使用感なのですが、浸透することなく肌の表面をコーティングする効果があり、実は乾燥しているのに肌表面を潤っているように見せてくれる効果があります。

オイルクレンジングは肌に悪いの?

オイルフリーを売りにしている会社の多くは、オイルクレンジングではなく『リキッドクレンジング』や『水クレンジング』などが多いでしょう。

佐伯チズさんなど多くの美容家が、クレンジングオイルを悪としますが、それはオイルが悪いわけではありません。

一般的にオイルクレンジングには、ミルククレンジングやクリームクレンジングに比べ、多くの合成界面活性剤が配合されている場合があります。
この合成界面活性剤が、油性分であるメイクを浮き上がらせて落とす役割なのですが、配合量が多すぎると肌の大切な皮脂まで奪ってしまい乾燥肌の原因になってしまうとされています。

ですので、リキッドや水クレンジングであっても、合成界面活性剤の量が多ければ肌の負担としては変わりません。

スキンケアの最後は油性分で蓋を!

インナードライ肌の元?

さっぱりとした使用感が好きだからと、さっぱり系の化粧水だけでスキンケアを仕上げてしまう方もいるかもしれませんね。

しかし、化粧水の後は、油分で蓋をしなければ、水分が蒸発してしまう状態になってしまいます。

カサつくのにべたつく混合肌(インナードライ肌)の多くは、このようにさっぱりした使用感を求め、間違ったスキンケア方法が原因となっている場合が多いのです。

いかがでしたか?

化粧品には使用感の好みもとても大切だとは思いますが、肌が喜んでいるかも大切です。
最近はオイル美容も流行していて、オイルが見直されていますし、ぜひ良質なオイルを取り入れてみてくださいね☆



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索