無鉱物油の化粧品は肌にいいの?

化粧品に無鉱物油と書いているのはみたことありますか?

無添加化粧品などに書いてあることが多いのですが、無鉱物油の化粧品は肌にいいのでしょうか?


Ads by Google

無鉱物油とは?

無鉱物油とは、鉱物油が入っていないことをいいます。

鉱物油とは?

鉱物油とは、石油を原料として合成・精製された油成分のことを言います。
化粧品の成分名としては、ワセリンやミネラルオイル(流動パラフィン)、パラフィンなどがあります。
ミネラルオイルは、ベビーオイルの主成分にもなっています。

原料が安価なので、多くの化粧品に配合されています。

どうして無鉱物油という言葉が?

昔(1970年代)は、鉱物油の精製技術がよくなくて、不純物が入ったオイルでした。
その為、昔は鉱物油で油焼けをする人がいたのです。

油焼けとは?

『きちんと精製されていない不純物が混入したオイル』を塗った肌が紫外線に当たることにより、シミなどの色素沈着の元になっていました。
この色素沈着のことを油焼けといいます。

現在は安全性が高い

現在の鉱物油は、精製技術が発達して、非常に安全性の高い原料となっています。
また、ツバキ油やオリーブオイル、スクワランオイルなど、天然の油のように酸化することがありません。

ですがやはり、石油というイメージがガソリンなど原油や、合成界面活性剤を想像させてしまうので、化粧品会社が無鉱物油と謳うことで、肌に優しそうなイメージを作り上げているのです。

植物性油と鉱物油どっちを使えば?

鉱物油はお肌に浸透しない

鉱物油はお肌に浸透するということはなく、肌に油膜を作って保護をする役割となります。
また、浸透しないのでクレンジングクリームやクレンジングオイルには鉱物油のほうが適しています。

栄養分は植物性油の方がある

ツバキ油や杏油、オリーブオイルなど植物性の油や、スクワランオイル・馬油などの動物性の油のほうが、ビタミンなどの栄養素が豊富です。
また、人間の皮脂に似た油もあるので、肌なじみがいいでしょう。
ただし、栄養素が豊富な油ほど酸化がしやすいので取り扱いには注意が必要です。

敏感肌の方はご注意を

精製されていない植物性や動物性の油の場合、アレルギーを起こしてしまう場合もあります。
敏感肌の方はオイルの種類だけでなく、メーカーごとにパッチテストを忘れずに。

いかがでしたか?

石油から出来ているからと言って、肌に悪いとは一概には言えないのですね。
たくさんの無添加化粧品が巷には溢れかえっていますが、化粧品選びの参考にしてみて下さいね。


Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索