むくみ防止に必須!塩分を控える簡単な方法6つ

ダイエットは、カロリー計算だけではなかなか成功しません。
日本人の食事は元々塩分が多いと言われ、塩分の摂り過ぎはムクミの元になります。

塩分を控えるだけで、むくみが解消して、割と簡単にすっきりしたボディが手に入れられるという方も多いはず。

ということで、健康にも良い簡単に塩分を控える方法をご紹介します。


Ads by Google

塩分を控える簡単な方法

おいしい出汁をしっかり取る

昆布やかつおなどでしっかりだしを取ることで、余計な味付けが要らなくなります。
市販のだしの素は塩分が添加されている場合が多いので注意しましょう。
ティーパック入のだしだと、簡単に使えますよ!

香辛料(スパイス)やハーブを活用する

お醤油味の肉じゃがをカレー粉にかえるだけで、糖分も塩分も控えることができます。
カレーのルーは色んなものが入っているので効果カロリーですので、カレーパウダーを使いましょう。

また、ミルで引き立ての黒胡椒を使うだけで風味がアップ!スーパーでもミル付きの黒胡椒が手に入りますよ( ´∀`)

薬味を使う

ネギや大根おろし、わさび、からし、などを使うことで、塩分控えめでもぴりっとして味が引き締まります。

柑橘系の果汁を使う

レモンやゆず、かぼすなど柑橘系の果汁を料理に取り入れましょう。

酢を使う

お醤油の代わりに、黒酢をかけたりすると健康的にもいいですね( ´∀`)

味付けの最後に塩を使う

料理の調味料の順番は、さしすせそ(砂糖・塩・酢・しょうゆ・みそ)といいますが、この順番で使うと分子量の問題で、味が浸透しやすいってことなんですね。

しかし、味を判断するのは人間の舌先なのですが、最後の塩を使うことで塩分控えめながら塩の味がしっかり付いていると錯覚します。
糖分を控えめに使いたい場合は、最後に砂糖を使うといいのですよ。

いかがでしたか?

他にも減塩醤油や、減塩の塩などもあります。
塩分を摂り過ぎたときは、納豆やアボカドなどカリウム配合の食材を取るようにしましょう( ´∀`)



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索