なぜ悠香の茶のしずくだけ?加水分解コムギの謎

茶のしずく

元々アレルギーじゃなかった人まで、小麦アレルギーが発症する原因となり、ニュースでも話題の悠香の茶のしずく。

原因の物質である「加水分解コムギ」は、他の製品にも含まれているのになぜ悠香の茶のしずくだけ?と思う方も多いでしょう。

今回は、加水分解コムギについてご説明します。


Ads by Google

加水分解コムギとは?

加水分解とは?

加水分解は、酵素や塩酸などを使って細かく分解することを言い、加水分解することで水に溶けやすくなります。
加水分解コムギとは、小麦タンパクを加水分解した成分のことです。

どうして加水分解コムギでアレルギーに?

洗顔石鹸に加水分解コムギが入っていると、洗顔をするときに目や鼻の粘膜に少量付着します。
これが毎日積み重なることで、からだにも侵入し、これ以上コムギを体内に入れないで!と危険信号を発します。これがアレルギーです。

どういう製品に使われるの?

加水分解コムギは、保湿力が高く化粧水やクリーム、石鹸など様々なスキンケア用品やメイク用品に配合されています。

他にも、成分名に加水分解コムギが含まれている成分を入れるとかなりの数があります。

なぜ悠香の茶のしずくだけアレルギーに?

加水分解コムギは上記の様に、多くの製品に配合されていますが、どうして茶のしずくだけこれほど問題になったのでしょうか。

分子量が大きかった

加水分解コムギは、通常分子量が1000以下を使用することが多いのですが、悠香の茶のしずくは、もっとも危険ゾーンとされる50000〜60000の分子量の加水分解コムギを使用していたそうです。

なぜ分子量が大きい物を?

悠香の茶のしずくで有名なのは、手を逆さまにしても落ちないもっちり泡。
あのもっちり泡を作っているのが、分子量の大きい加水分解コムギだったのです。

いかがでしたか?

加水分解コムギが入っているからと言って、同じようにアレルギーがでるとは限らないのです。
お使いの製品に配合されていて気になる場合は、分子量や安全性をメーカーに問い合わせしてみるといいかもしれませんね。


Ads by Google




サイト内検索