失敗しない!アイラインの引き方の基本【動画有り】

失敗しないアイラインの引き方

メイクの中でももっとも印象が変わりやすい、アイメイク。
アイライン・マスカラ・アイシャドウ・つけまつげなど色々ありますが、その中でもアイラインは重要です。

しかし、アイラインは初心者には意外と難しく、描きすぎて目の周りが黒くなったり派手になってしまったり。

今回は、自然に目が大きく見えるアイラインの引き方の基本をご紹介します☆(*^○^*)

上まつげのアイラインの引き方

わかりやすい動画をご紹介します。

まぶたを持ち上げて、目線を下げる

片手でまぶたを持ち上げて、目線を下げると、まつげの際にアイラインを入れやすくなります。
鏡が正面の場合は、顎を上げて目線を下げましょう。
アイラインを引くときには、片手にファンデーションのパクトの鏡などを持ってやろうとすると、失敗しがちですよ。両手でやりましょう!

アイラインは目尻から少しずつ引いていく

アイラインを1本で引こうとすると不自然になりがちです。
目尻から黒目の内側まで、まつげの隙間を埋めるように、少しずつジグザグした感じで引いていきます。

目尻のほうを太めに入れる

アイラインは、目尻の方を太めに入れて、黒目の内側に行くにつれ細めに入れます。目頭の方まで引かないように注意しましょう。

綿棒でガタつきをとる

まつげの際を埋めるように、ジグザグした感じで少しずつアイラインを引くと、ラインにガタつきが見えます。
綿棒で上まつげの目尻から目頭にむかって軽くなぞると、アイラインが綺麗になりますよ。
ぼかしすぎないように注意してくださいね。

下まつげのアイラインの引き方

粘膜の部分に白いアイラインを入れる

下まつげの内側の粘膜の部分に、白いアイラインを入れます。
こうすることで、目幅が大きく取れて目が大きく見えますし、白目も綺麗に見えますよ。
柔らかめのペンシルアイライナーが引きやすくておすすめです。

上まつげと同じように目尻から少しずつ引いていく

目尻の方から、黒目の内側まで少しずつ引いていきます。
上アイラインより薄い感じで引くと、より自然に見えます。
よりナチュラルメイクに見せたい場合は、下まつげをマスカラのみで仕上げアイラインを引かないといいでしょう。

いかがでしたか?

アイラインは1本で引こうとしないことがポイントですね!
また、メイクの順番は、アイシャドウ→アイラインの順が一般的みたいですが、初心者には修正しやすいようにアイライン→アイシャドウの順にすると自然に見えると思いますので是非試してみてください♪ヾ(o´∀`o)ノ


Ads by Google




サイト内検索