アロマテラピーの基礎知識

昔から人々の心を潤す重要なツールとして用いられ、心理的作用だけではなく、身体の不調を癒す様々な力を持っているアロマテラピー。
お気に入りのエッセンシャルオイルを揃え、既にアロマテラピーを楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。
これから始める方も、すでに利用している方も、知ると更に香りの世界を楽しめる基礎をご紹介します☆


Ads by Google

アロマテラピーってどんなもの?

アロマテラピーの効果について

アロマテラピーとは、「香り(アロマ)」と「療法(セラピー)」を意味しています。エッセンシャルオイル(植物から採れる精油)を用いて、心の健康促進・内分泌系(ホルモン)コントロール・体の様々な不調を改善する療法です。

エッセンシャルオイル(精油)とは?

植物から精製したエキスで、植物の生命エネルギーが凝縮された液体で、花だけでなく果皮・葉・木部・樹脂・樹果・種子など、あらゆる部位から抽出されます。
抽出の方法は主に水蒸気蒸留法といい、巨大な蒸し器で蒸した原料から出る蒸気を冷却し、エッセンシャルオイルと水に分けることで作られます。この時に出来る蒸留水は「フローラルウォーター」と呼ばれ、化粧水や化粧品原料として使われています。

また精油がなぜ高価かというと、バラのエッセンシャルオイル「1滴」を採るには約200個のバラが必要な位、成分が凝縮されているからです。お風呂に1滴バラのエッセンシャルオイルを入れれば、200個のバラを浮かべたバラ風呂と同じという訳ですね。

アロマテラピー基本注意事項

アロマテラピーを行う際、いくつか注意事項を覚えておいて下さいね。

  • エッセンシャルオイルの原液を直接体につけない
  • 飲用しない
  • アレルギー体質の方はアレルギーテストを行いましょう
  • エッセンシャルオイルは冷暗所で保管し、一度開封したら1年以内を目安に使い切りましょう。
  • エッセンシャルオイルは「薬」ではありませんので、重篤な疾患がある場合などは医師の診断を仰いで下さい。

いかがでしたか?

少し注意事項はありますが、普通に利用していればトラブルはまず起こりませんので、楽しみながら生活に取り入れてみましょう!



Ads by Google



こちらもおすすめ( ´∀`)

サイト内検索